読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fランド 3日目

肉眼では見えないけどカメラで撮ると写るという恥ずかしがり屋のオーロラもだんだん薄れ始めた朝5時頃。

6時15分に次の場所へ向かうバスが迎えに来てくれることになっていた。

 

旦那もモソモソ起きてきたので部屋の冷蔵庫の中に準備されていた朝ごはん用のパンや野菜やチーズをモソモソ食べる。

例の穴あきチーズがまた入っていてうまい。

 

時間より前にバスが迎えに来てくれて乗り込む。前日の人と同じ運転手さん。

やはり微妙にコミュニケーションが取れないが高速バス乗り場に連れて行ってもらえた。

高速バス乗り場はうちらの泊まっていたホテルとは別のホテルの前で、けっこう待ち時間があってとにかく寒い

f:id:takki_bear:20170212104238j:image

屋根から垂れ下がる大きなつららを旦那に授けたところ

 

で寒いのでロビーで待たせてもらえないか聞いてみようということでどきどきしながら旦那が交渉へ

アッサリと「待っててもいいけどただしそこの廊下より先は入っちゃダメよ」的なことを言われてロビーのソファに座ることに成功。

でバスが来て乗り込む。

f:id:takki_bear:20170212104814j:image

全然上手く撮れなかったけどこういう幻想的な光景がずっと続く

ここらへんで旦那が「フィンランドに移住したい」と言い始める

 

1時間くらいバスに揺られて着いたのはロバニエミという街

観光地なので駅にスーツケースがスッポリ入るコインロッカーがたくさんあるという噂

f:id:takki_bear:20170213212556j:image

雪の中の小さな駅

噂どおりコインロッカーめっちゃあったのでとりあえず荷物を預ける

もう朝10時くらいなのに、夜明けすぐみたいな雰囲気がずっと続く

f:id:takki_bear:20170222082041j:image

 

ロバニエミ散策にでるも、お腹がすいたので腹ごしらえをしたいけど朝早すぎて店が開いてない

 

最終的にマックに入店

 

f:id:takki_bear:20170213212832j:image

マックはマックだけどちょっと前まで世界最北のマックだったらしい

ロシアに出店しちゃって最北端の地位を奪われたらしい

店員のおねえちゃんはなにかむしゃくしゃしていたのかじゃっかんつんけんしていた

というか英語もろくに話せない日本人への接客じたいにむしゃくしゃしていた可能性

 

店内は新聞を読むおっさんやだらけた若者など、日本と同じ客層

 

肉が食べたくてチキンナゲットを頼むと、数を聞かれたので5個と答えると、なんか6個8個14個のどれかだみたいなことを言われる

アワワとなって6個と答える

そのあとソースを何にするか問われる

早口でなんかとなんかとなんかとなんかから選べと言われるものの何が何だかわからない

 

何が何だかわからないという顔をしていたら旦那が横から「ばーべきゅー」と口を出して事なきを得た

 

なんかソース10種類くらいあったのに日本と同じBBQソースを選ぶ羽目になるとはな…と思いつつ食べてみると、なんだか日本のBBQソースよりじゃっかん甘めな気がした

フルーティだった

マックにてこの日の行程について会議を行う

 

腹ごしらえを済ませ、庶民の生活を見ようとスーパーマーケットへ

フィンランドではKスーパーマーケットとゆー店が幅をきかせているとガイドブックに書いてあったのでとりあえず冷やかすことにする

チェーン店らしい店が軒を連ねていて活気がある

 

サンタクロース村というところに行くべくバス停へ

f:id:takki_bear:20170222081332j:image

バス停は何かスポーツのグラウンドの前にあって、金網に雪がこびりついている

定刻より少し遅れてバスが来て乗り込むが、中国人どうしがバスの中ほどで言い争いをしていて奥に進めない謎の状況

ストレスを感じてこのあたりで心の感度のスイッチを切ったのでよく覚えていないが途中で席が空いて座れたらしい

 

40分ほどで着いたサンタクロース村はおみやげ屋さんの集合体でした

その中にマリメッコイッタラやアーリッカのアウトレットが並んでいる状態

 

 とりあえず見て回ったりめぼしいものを購入したりしていると、重いスノーブーツを履いているせいかあっという間に疲労困憊となる

 

お腹も空いたので昼食とする

 

f:id:takki_bear:20170222082233j:image

トナカイ肉のハンバーガ

 

朝もマックだったのに昼もハンバーガ

 

トナカイ肉は少しクセもあるけど普通に美味しかった

 

f:id:takki_bear:20170222082551j:image

f:id:takki_bear:20170222082558j:image

ツリーと雪だるま 超でかい

雪だるまは一番下の○がちょうど人間の背の高さくらい。

 

買い物てロバニエミへ戻り、ロバニエミからヘルシンキへ夜行電車に乗るべくロバニエミ駅へ

夕飯は例のKスーパーでお菓子や惣菜や飲み物を買い込み、夜行電車で食べる作戦

 

f:id:takki_bear:20170222082922j:image

 憧れだった夜行電車

フィンランドだからか外観も内装もオシャレ

 乗っているのはフィンランド人のバックパッカーとかアジア人旅行者

どうも数十人あたりシャワーが1つしかないらしいと早い段階で知る

 

そういうストレスに弱いタイプなので、もう今日は風呂いいや…とつぶやいたところ、旦那に強い口調で風呂に入ったほうがいいという旨のことを主張される

 

なので作戦として先手必勝ということで、とにかく電車に乗り込んだ瞬間にシャワー室に駆け込んでシャワーを浴びた

 

 最初ものすごく水が冷たくて死んだと思ったけど生きてた

 

サッパリしてシャワーを出ると案の定数名が並んで待ってた

 

先手必勝ー!

 

旦那はそういうの待てるタイプなので、なんかビールとかのんびり飲んでおもむろにシャワーを浴びに行っていた

 

夜行電車は快適だった。

隣の部屋の声がうるさいかなと思ったけどみんな早めに就寝したようで、ほたんど気にならなかった

 

窓が開かなかったので、これはできなかった

f:id:takki_bear:20170222083417j:image

 

次に目が覚めたらヘルシンキだなと思いながら眠った

 

Fランド2日目 追記

父親にソリで運搬される可愛い子

f:id:takki_bear:20170131182554j:image

 

◆雪の中を完全防寒で散歩していたところ、最初にどこが痛くなったかというとアゴでR

どんだけとんがっとる

f:id:takki_bear:20170131182709j:image

 

◆1日目だけどフィンランドの国内線の中から燃えるような夕陽が見えた

地平線ずっと真っ赤だった

このとき我々の席は大阪からのおばちゃん軍団に囲まれており、伊丹空港からの飛行機のようだった

私は窓側の席だった

で、夕陽を見ているとき、隣のおばちゃんが不意にカメラを渡してきて、「夕焼けきれいやわー!撮ってんかー!」とか言って夕陽を撮らされた

しかも仕上がりに不服そうだったのでいたたまれなかった

けどこのおばちゃんはのちに通路を挟んだ反対側のおじさんが意識不明に陥った際、率先して医者のために席をあけたのでR

えらいなぁ

f:id:takki_bear:20170131183317j:image

 

◆旦那がうちの弟にネックウォーマーを借りていたのだが、弟からの伝言を私が伝えそびれていて犬ゾリのときに旦那の首がスカスカだった

 本当は8の字にして、1つの○をアタマに、1つの○をクビに付けなきゃいけなかった

のにクビだけに巻いた

スカスカだった

 

◆犬ゾリは二人乗りで、1人は後ろに立って操縦(と言っても方向は犬が決めてドンドン走ってくので、前を走る犬ゾリに近づきすぎたときにブレーキを踏むだけ)し、1人はソリの上に座るのだが、座ったときに膝にかけなさいと言われた毛布が犬のオシッコのニオイがしすぎた

f:id:takki_bear:20170202193316j:image

 

フィンランドではクリスマスでもないのに家の前にはツリーが飾り付けられ、窓辺にはリースが飾られていた

可愛かった

f:id:takki_bear:20170202193416j:imagef:id:takki_bear:20170202193436j:imagef:id:takki_bear:20170203191515j:image

 

◆サウナのある棟にCDプレイヤーがあったので、そこらにあった適当なフィンランドっぽいCDを入れて聴いてみた。

異国のアーティストの音楽に感動して買って帰る!みたいな運命を期待したのだがそうはいかず、なんかダサめのポップだった

 

 ◆犬ゾリの時、フィンランド人のカップル同士が早々に仲良くなっていた。

疎外感を少し感じる

 

◆イヌゾリの後、なんか薪ストーブのあるテントみたいなとこでスタッフのお姉さんの犬ゾリトークを聞く。

最初は一生懸命ヒアリングしていたが思ったよりものすごく長かったので途中から「犬の話をしているっぽい」としか解読できなくなってヒマだった。

我々の隣にいたフランス人夫婦の奥さんもヒマそうにしていた。

アレは単に飽きたんだと思うf:id:takki_bear:20170203191954j:image

 

◆旦那が詰め替えたシャンプーとボディソープ。ボデー。

書いたそばから文字が消えていって帰る頃には色味で判別せざるを得なくなってた

f:id:takki_bear:20170203192343j:image

Fランド2日目 後半

犬ゾリを終えてけっこうクタクタになった我々は2日目の宿に移動することに

 

ちなみにこの旅は全部HISが組んでくれてるツアーなので、パスポートとバウチャー(なんか支払いが済んでる控えみたいな紙)を失くしさえしなければ、指定の場所に行けばバスの迎えが来てくれたりホテルにすんなりチェックインできたりするのでR

 

 

で2日目のお迎えが来てくれて、ゴールデンクラウンというところへ連れて行ってくれる

 f:id:takki_bear:20170131175800j:image

ゴールデンクラウンはガラスでできたドーム状の客室(イグルー)が売りで、部屋にいながらにしてオーロラが見える(かもしれない)という施設である

 

中はとにかくキレイ

 

f:id:takki_bear:20170130214200j:image

f:id:takki_bear:20170130214225j:image

日中こんな感じ

 

この施設については最初からツアーに入ってたわけではなく、ランクアップしてもらったのでR

受付のお姉ちゃんとかも感じよくて素敵

 

でお姉ちゃんにサウナがないかごねる

「あるにはあるけど」感を出しつつ2時間貸し切れるというので借りる

 

あとでわかったのだがサウナは単品ではなく、我々のイグルーよりはるかにでかい宿泊施設に付随しており、その施設がたまたま空いてるから時間貸ししてくれたという感じらしい

 

まあなんだってよかーと思ってサウナへ

フィンランドと言えばサウナよねと思った

 

けど貸切なのでルールが不明だった

 

日本で予習のために録画したNHKフィンランド番組を思い出すと、たぶん熱い石に水をかけて水蒸気を出すはずだと思い旦那に水掛けを指示

 

一杯二杯かけてもあったまらない感じだったので水をジャカスカ掛け始める旦那

 

20杯ほど掛けたところでどうやら掛けすぎたらしいことが判明

 

熱い

 

腰から上がヤケドしそうに熱い

 

とりあえずタオルを振り回してみるけどとにかく天井近くが熱い

 

というわけでわたしはイスに寝っ転がって難を逃れました

旦那はなぜか強い意志を持ってガマンしていた

 

 

でとにかくあったまって我々のイグルーに戻る

戻る途中に屋外でオーロラを見ようと粘る人けっこういた

ディナーもつけてたのでとりあえずディナーへ

 

f:id:takki_bear:20170130215320j:imagef:id:takki_bear:20170130215327j:imagef:id:takki_bear:20170130215905j:image

オサレーーーー

 

オサレやしとにかくオサレやしー!!

ここら辺りで私の人生観が変わり始める

 

要らぬものをたくさん持つより必要で大好きなものを少しだけ持って生きたい

 

 

という現代日本ではなかなか難しい欲求が芽生えてくる

 

 

ご飯も美味しかったしウェイトレスのお姉ちゃんも美人でしっかりしてて感じがいい

 

そしてイグルーに戻る

オーロラは微塵も見えないし、近所のスキー場のライトで星もほとんど見えないので早々に就寝

 

 

深夜3時頃不意に目を覚ましたわたくし

 スキー場が営業を終え、空には満天の星が

わー!となり、撮影を試みるわたし

 

まずはiPhone

f:id:takki_bear:20170131180605j:image

 

アカン

ただの闇

 

次にコンデジ

f:id:takki_bear:20170131180717j:image

うーん

 

やはりこういうときは一眼レフ

 

爆睡する旦那を尻目に旦那のデジタル一眼レフで長時間露光撮影を試みる

 普段忘れているけど私はかつて写真部の部長だったので、長時間露光くらい楽勝だぜ

 

 

と言いつつカメラの操作が全く分からず、スマホNIKONのホームページを探し該当機種の取り扱い説明書をPDFでダウンロード

 

f:id:takki_bear:20170131180929j:imagef:id:takki_bear:20170131180933j:image

ほーらこのとおり

 

f:id:takki_bear:20170131180948j:image

ん?

f:id:takki_bear:20170131180951j:image

なんかみどり色の光が邪魔でうまく撮れな…

 

 

ってこれオーロラじゃね?

 

 

google先生によると、弱いオーロラは肉眼では白い霧のように見えるがカメラで撮影すると写るとのこと

 

 

マジかよ

 

 

とりあえず旦那を叩き起こして撮影会開始

これまでナンチャッテ長時間露光で寝そべって腹の上でシャッターを切ったりしていたが、イソイソと台座を準備し始める我々

 

f:id:takki_bear:20170131181347j:imagef:id:takki_bear:20170131181354j:imagef:id:takki_bear:20170131181357j:image

 

写る写る

 

見えないけど確かにそこにある というのがまた私の心のやらかい場所をしめつける

 静かな感動を覚えて撮影し続ける私に対し、飽きたのか何なのかまたグウグウ寝始める旦那

 

私は結局翌朝までオーロラ撮影をしていたのでした

 

また人生観がすこし変わるのでした

 

 

銀河〜鉄道の〜よ〜る〜に〜

 

 

オーロラは見れないだろうと思ってたし、オーロラ無くても十分素敵な宿だったし、もしかしたらオーロラ目当ての他の客は諦めて寝てしまってたかもしれない

なんならオーロラ界で言えば肉眼で確認できないオーロラなんてオーロラと呼ばないのかもしれません

 

けどねー。あったんだよねそこにー。

と思うとやはり感動を禁じえないですね

 

素晴らしい体験をしたと思います

 

 

 

3日目に続く

Fランド2日目 前半

フィンランド2日目は朝とりあえず起きてホテルのビュッフェで朝ごはん。

f:id:takki_bear:20170125114937j:image

ググったらレストランの写真を発見した

天井が星空になっておる!

朝ごはんのビュッフェは、基本ルールは日本のホテルと一緒だけど、置いてある食材がやはり違う

穴のあいたチーズが置いてあった!食べたら甘くて濃厚でうまかった

f:id:takki_bear:20170125115219j:image

こういうやつ

 

f:id:takki_bear:20170125115232j:image

切るとこういうやつ

 

他にもフルーツとかいろいろ

f:id:takki_bear:20170125115312j:imagef:id:takki_bear:20170125115318j:image

オリーブも食べ放題

 

 

でいろいろ取りすぎて食べ過ぎた

f:id:takki_bear:20170125115400j:image

ドスコーイ!

 

ご飯のあとはちょっとひと休みしてから腹ごなしに散歩へ

f:id:takki_bear:20170125115553j:image

針葉樹林しか生えてない

f:id:takki_bear:20170125115710j:image

スーパーに買い出しに行ったらコーラの素が売ってた

買わなかったけど、このボトルで7リットル分のコーラが作れるらしい

 

そして重装備して犬ゾリへ

 重装備の解剖図を載せる

 

 

1.まずは全身ユニクロの「超極暖(ヒートテックの一番ぬくいやつ)」を着てキャッツアイ状態になります

f:id:takki_bear:20170125120640j:image

キャッツアイ

f:id:takki_bear:20170125121220j:image

 

 

 2.登山用靴下と綿のロンTを着てエアロビの人状態になります

f:id:takki_bear:20170125120707j:image 

エアロビの人

f:id:takki_bear:20170125121241j:image

 

 

3.上半身も下半身もダウンを着て、ミシュランマン状態になります

f:id:takki_bear:20170125120818j:image

ミシュランマン

f:id:takki_bear:20170125121513j:image

 

 

4.上はスノボウェア、下はシャカパン的のをはいて、サイコメトラーEIJIのケンカシーン状態になります

f:id:takki_bear:20170125121537j:image

参考画像なし

 

5.フリース素材の帽子とスノボ用手袋をつけ、顔にはフリース素材のジャケットみたいなやつをマフラー代わりに巻きつけて完成です

f:id:takki_bear:20170125123137j:image

 

 

 

重装備をしてロビーで待ってたら犬ゾリツアー引率の人が遅れているらしくなかなか来ない

チーム我が家の引率である旦那がさっそく慌て始める

誰かが入ってくるたびに振り返って顔を改める

 

でチョイ遅れで現れた引率のお兄ちゃんはイケメンメガネの精悍な若者だがとにかく早口で説明の英語が全く聞き取れない

マイネームイズ○○!つって名前も聞き取れない

のちにイアンさんだと判明

 

まあなんとかなるか…と思いながらバスに乗ると、イアンの客いじりがスタート

f:id:takki_bear:20170125123829j:image

客いじり中のイアンともうすぐいじられる旦那

 

順番に客の出身を当てていく

 

いよいよわれわれの番

 

イアン「YOU COME FROM JAPAN?」

旦那「イ、イエスイエス」

 

イアン「IT'S SO EASY!!!」

 

簡単だったらしい

 

そのあともイアンがちょっと前まで札幌やニセコにいた話をしてくれて面白かった

 

で犬ゾリ

 

f:id:takki_bear:20170131004515g:plain

GIFアニメにしてみた

大変楽しかった

 すごいスピードなのでR

ちょっとこっちがモタつくと、犬が振り返って「何しとんねん自分ら」とおどしてくる

 

 

このあとホテルに移動するのだが、それはまた後半で書くことにする

 

いま夜行列車の中

 

思ったよりずっと快適

 

 

Fランド1日目 追記

フィンランドに来たわけだが昨日書きもらしたことを備忘録的に書いとこ

 

◆いまんとこ一番感動したのは成田ヘルシンキ間の飛行機で見た映画「君の名は。」でR

あれすげーおもしろい!売れるわけだわ。

 

◆旦那が案外英語にビビらずに積極的な態度で諸般に臨んでいる

 

◆ホテルで朝ごはんを食べたのだが内装がステキだった。天井に紺色の板が張ってあって小さな穴がたくさん開けてあり、そこから光が漏れて星空のようになっている

 

ヘルシンキからキッティラの飛行機から降りる際にコートの腰についているヒモがないことに気づいた。気づいたけど言い出すタイミングが無くてとりあえず飛行機から降りたのだが降りたらいきなり普通に屋外で凍えた。凍えつつ旦那に、「別に絶対必要なわけじゃないんだけどコートの腰のヒモが無い」と言ったところつむじ風のごとく機内にとって返して腰のヒモをゲットして帰ってきた。えら男!!えら太郎!!

 

◆夕焼け空がすごかった。空が燃えていた。

f:id:takki_bear:20170123155204j:image

うまく写真に撮れなくて、もっとカメラやっときゃよかったなと思った

 

◆あと3分ほどで夜明けの時間。

Fランド1日目

成田空港からフィンエアーヘルシンキヘルシンキからまたフィンエアーを乗り継いでキッティラという街へ。

 

まず成田の時点で1本目のフィンエアーの出発が1時間以上遅れとってウケる。

乗継ぎの時間がそもそも余裕ないのにさらに遅れたので、「ヘルシンキ空港で走ってください」と言われる。やだなーと思う。

 

とりいそぎ成田で朝ごはんを食べ、セルカ棒を買うかどうかでひと悶着し、結局買い、搭乗ゲートへ。

旦那は人生初の出国手続きでテンパっていた。ちなみにヘルシンキの入国手続きの時もめっちゃテンパっていた。

 

フィンエアーの機内はマリメッコ仕様で超かわいくて機内食はめっちゃ美味しいと聞いていたので期待していた。

f:id:takki_bear:20170123054012j:image

たしかに可愛かった

f:id:takki_bear:20170123054035j:image

たしかに美味しかった

 

ヘルシンキからキッティラの飛行機の中で事件が

 

我々の座っていた席の、通路挟んで反対側にいたフィンランド人のおじさんが突然意識を失った

奥さん驚いて半狂乱

 

CAさんたちは冷静に酸素ボンベ持ってきたりいろいろしてて、機内は騒然

 

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんかー!」の放送が流れるまでもなく、我も我もと医者が3人名乗り出た

その中で席が近かった2名が救護に当たりはじめた

 

と思ったらおじさんのカラダが跳ね上がってビョイーン!となった!

シートベルトがなかったら天井まで跳ね上がったんじゃないかと思うくらいビョイーンとなってた

奥さんもCAも超あわててた

そのあとおじさんの意識は戻ったものの酸素マスクをつけて、周りの乗客に移動してもらっておじさんが横になるスペースと医者が腰掛けるスペースを作ったりした

 

で結局、途中のオウル空港てとこに緊急着陸することになった

 

救急隊員が2人来て、いかにも有能そうな若い女の子と、ガムをかんでる飄々とした男子だった

その2人がサッとおじさんを連れて行った

あとから奥さんが荷物をもって追いかけるけど相変わらずテンパってた

その時、ずっと救護にあたってた医者のおじさんが奥さんの肩を叩いてフィンランド語でなんか励ましてた

奥さんの表情がちょっとやわらいだ

 

 

医者ってすごいなぁと思った

 

 

でなんやかんやでそこでも2時間遅れて、19時キッティラ着のはずが22時になっていた

 

空港からホテル行きのシャトルバスが待ってるという話だったから探したら、どう見ても観光バスみたいな巨大なバスが待ってた

運転手はひとが良さそうだけど激しいピアスのおじさん

 

おじさんとの意思疎通に微妙に苦労したけどいい人だった

 

でホテルに着いた

予定では防寒具を着てオーロラ観測でも行くか〜と思ってたけどめっちゃ雪降ってるし移動で疲れたからもうビール飲んで風呂入って寝る

 

フィンランド初の料理はこれ

f:id:takki_bear:20170123055542j:image

ミスターパニーニ

 

 

明日以降に期待!!

 

 

 

Fランド行きに際して

明日の朝家を出てフィンランドに行く

 

こう書くと家出のようですが旦那と2人でハネムーンでR

 

結婚パーティに注力していたため行程を全然把握しておらず、昨夜初めて4泊6日であることを旦那に確認

 

前半は北のほうでオーロラを見て、後半は南のほうで買い物などをするということが判明

 

オーロラもマリメッコムーミンも楽しみだけど、ひそかに一番楽しみにしとるのは夜行列車

 

前半の北のほうから後半の南のほうへの移動手段が夜行列車

 

 

昔から夜行列車には憧れがある

 

 

f:id:takki_bear:20170121203326j:image

 

 

こういうのがしたい

 

 

ふと目覚めて窓を開けると異国の香りがして…みたいな

 

 

文学的やろ

 

 

無事に帰って来れるといいんじゃけど