革を調達する話

何年か前からアクションプランナーという手帳を愛用しており、2年前からそのカバーを手作りしている。


ペンケースも一緒に持ち歩きたいタイプなので、ペンケースが一体化して正方形になった手帳カバー。
手帳がデカくなるという欠点はあるものの、すごく便利で愛用している。

という話を会社でしてたら、同じアクションプランナーを使ってる上司が自分にも作って欲しそうだったので、産休前に作ってあげた。すごく喜んで、産休中に御礼の品が郵送で届くなどした。

で産休中に自分用に新しい手帳カバー作って復帰して使用してて、これも気に入っていた。
10月に入り新しい手帳を選ぶ季節になり、本部長から新しい手帳カバーの正式発注が来たのだった。
実費はもちろん御礼もするから!とのことで、もともと作ってあげたカバーはグレージュっぽい色だったのだが、色が薄い分汚れが目立ちやすいらしい。
あと紫が好きだから紫で作って欲しいなーーとのこと。

で通販で合皮のサンプルをいくつか取り寄せて見せて選んでもらった。


結局紫と赤で決めきれず、2つ作ることになった。

なんてやりとりをしてたら、やはり同じアクションプランナーを使ってる同僚がなんとなく欲しい感じのオーラを出していたので、作りましょーか?と打診したところ大変喜んで、生地もその場で選んでもらった。

このネイビーが結構いい色で、私もまた作るならこれにしよーかなと思っていたのだが、おそろいになるのもちょっとね〜というのもあり、また今つかってるのもネイビーだから、次作るならガラッと違う色にしたいというのもあった。

で、2人のはもう注文して、自分のをどうしようかな〜と考えていたら、頭の片隅で「本当は本革で作りたいよね〜」という声がした。
かといって本格的なレザークラフトを覚えたり道具を揃える余裕はいまはない。

というわけで、合皮と同じようにミシンで縫える厚みの本革がないか、昨日東急ハンズに行ってみたのである。
すると革はワンサカ売ってるのだが、店員さんをつかまえていろいろ聞いてみたりして、ミシンで縫える厚みの革だとなかなか限られてた。

真紅・深緑・グレージュとかがあったのだが、どれも決め手に欠けていたところ、端切れコーナーでこれを発見。

遠目に見ると生肉っぽい。

基本的には赤なのだが、わざとなのか染めムラがあり、その色合いがなんとも好み!フラミンゴ色って感じ。
とりあえず今回はこれで作ってみることとした。本革うまくやれるかわかんないけど、うまくいかなければ今つかってるネイビーのを継続利用すればいいもんねってことで。

どっかの週末で作ってみます。

指輪の話

先日結婚式があり、普段はつけない婚約指輪をつけて、久しぶりにつけるとキラキラしててなんだか気分が上がるので、外し忘れたといテイでまだつけている。
なんなら今週末はまた別の結婚式だから今週はつけてる。

ハーフエタニティリングという、指輪の周りに半周だけ小さな石がひっついているタイプとなります。なりますって言われてもね。
ここで突然のハーフエタニティ講座なのだが、エタニティタイプの指輪にはざっくり4種類ある。そのうち1種類はよくわからないので無視して残り3種類を図にしてみました。

上から「爪留め(4点)」、「爪留め(2点)」、「レール留め」となります。
爪留め(4点)はそのまま、1つの石を4つの金具で留めていく方式、
爪留め(2点)は隣り合う石同士で金具を2つずつ共有する留め方、
レール留めは上下のレールの中に石をはめ込んでしまう留め方。

爪留めは金具が変形してストッキングなどに引っかかったり、石が外れてどっか行ったりしてしまうリスクあり。レール留めが一番丈夫。
しかし重要なのは光量。

レール留めは石の側面が金具に覆われていないから、光を取り込む量がレール留めよりかなり多いらしい。4点と2点だと2点の方が金具の量が減るから、2点の方がより光量をとりこみやすい。
まあ石の大きさとかカットとかにももちろんよるだろうけども。

ちなみに私のはレール留め。婚約指輪したまま普通に生活したりドラム叩いたりなんやかんや暴れそうな気がして、なんかの拍子に石がはずれでもしたらイヤだな、と思うなどした。
でキラキラ感もわたしには十分よのぉ〜と思って愛でてるわけだが、会社の先輩のせきGUCCIさんが婚約指輪と結婚指輪を兼ねた4点留めのハーフエタニティリングで、それはそれはキラキラして素敵なのである。

そこへいくと我が家のリングはレール留めで安定感は抜群だがキラキラ感は控えめなのである。
なのであるものの、まれに我が家のリングもキラキラ光るシチュエーションがあり、そういう時にはレール留めなのに頑張ってキラキラしちゃってかわいい奴め、と思うのである。
傾向として、粒状のLED電球が設置されている室内だとポテンシャルを発揮できるようである。
そういうシチュエーションがあると、ついうっとりして指輪を眺めてしまうのである。
ちょっと前に分かったのだがうちの会社のトイレの照明が、↑の「粒状のLED」なのである。
用を足してるときなどにふと指輪を見るとキラキラしており、フフッとなるのであった。

願わくばトイレ以外でもフフッとしたいものだ。なんかそれをつけると指輪がキラキラするライトとかないもんかね。ペンライト。あったら常備するんだけど!

あらかじめ失われた週末の話

この3連休は台風によりあらかじめ失われていたといっても過言ではないわけだが、想定外の失われ方をしたので記録しておく。

 

もともと12日(土)の朝からムスメの保育園の運動会があり、そのために実家から老母が駆けつけることになっており、駆けつけるのであれば9日(水)に課の人の送別会があるのでムスメを預かってくれいと言ったところ、それなら8日のうちに来てムスメに顔を覚えてもらわないとぶっつけ本番はお互いに負荷だということになり、8日のうちに母上京。

8日~12日までいることになったので、いろいろあって10日・11日も夕方に講習会の主催を入れることになり、ムスメを母に預けて残業することになっていた。

9日の送別会も問題なく終わり、10日は予定通り残業したのだが、このあたりで台風の予報が詳細になってきて、どうも12日に台風が来るということになり、オカンの予測として12日の運動会は中止であろう、であれば今のうちに帰っておかないと12日は飛行機が飛ばないであろうから今のうちに帰るということになり、11日の朝に帰ることになってしまった。 台風の予報からして、また結果からしてもオカンの判断は責められないので仕方ないのだが、11日の残業はどうしようかなと思っていたところ、本部長判断で講習会が延期となり、結果的に残業もなくなり、平和裏に帰宅できたのであった。同タイミングで保育園の運動会の中止も決まり、そういう意味でもオカンの判断は間違ってなかったといえる。そういえばオカンの誕生日が近かったので、以前来た時にわたしのクラッチバッグを見ていいないいなーちょーだいと言って騒いでいたのを思い出して、メルカリで同じやつを購入して進呈。

f:id:takki_bear:20191015091521j:image

喜んでいた。

11日、帰宅途中にスーパーに寄り、週末用の食べ物などを買い込み。買い込みといってももうパン類はあらかた売り切れていて、缶詰やパックご飯を申し訳程度に買い込むにとどまる。 と言いつつ、たまたま数週間前にジョイフル本田で防災グッズを買いそろえたところだったので、非常食の類もがっつり買ってあった。なので正直そんなに焦ってはいなかった。 そしてムスメを迎えに行って通常通り帰宅。 9日と10日、オカンがムスメを見ていてくれたのは大変ありがたいのだが、結果としてムスメとふれあう時間が1日あたり30分未満とかになってしまい、ムスメとふれあいたくてふれあいたくて震える〜♪状態におったので11日に関しては必要以上にムスメとベタベタしたのだった。ムスメもそういうのを察してなのかどうなのか、普段よりスゥイ~トな雰囲気を醸してきたのだった。具体的にはわたしのほっぺに口から飛び込んできて甘噛みしてくる等の行為である。かわいすぎか。 ムスメが寝てから家じゅうの雨戸を閉めて回り、雨戸のない窓については旦那が帰ってきてから一緒にガムテープを張ったりして、満足して就寝。

12日、朝からムスメは通常運転。ムスメの眉毛に寝ぐせがついていて笑う。

f:id:takki_bear:20191014230621j:image

雨戸を閉めているので何となく家じゅうが暗いのであった。 12日は一歩も家から出ず、家族3人肩を寄せ合って買い込んだ食料を食べて過ごした。時々交代でドラムやギターの練習をしに楽器部屋に行ったりしたがそれ以外は居間でうだうだしておった。 テレビでは多摩川や浅川の様子が逐次流れており、ホームページで浅川などのライブカメラをチェックすると、普段ムスメを連れて河川敷に遊びに行く川と同じ川と思えない荒ぶった濁流の様子が映っており、自然の力におののいたのであった。

近所の道路のマンホールが爆発してるような映像も繰り返し流れており、ビビって避難場所を確認したが坂を登りきった公園の中の体育館で、ちょと遠かった。避難するなら避難できるうちに…とも思ったが、川が近いわけでも土地が低いわけでもなく、木造の古い家屋とはいえ差し迫った危険があると思えなかったので自宅にとどまる。ただ玄関のドアがボロすぎるという危険を感じたので、玄関のドアの外側に土嚢的なものを設置する。

f:id:takki_bear:20191014230803j:image

ネットで見た水嚢というやつ。ビニール袋に水を入れて縛って、玄関に立てかけた段ボールの上に置いた。のだが穴あいてるビニールとかもあり、水嚢のせいで玄関先が水浸しになった感ある。でもとりあえず水嚢を積み上げて満足して家に入る。ムスメは部屋の中のサークルの中に置いて旦那と二人で屋外で作業していたので、部屋に戻るとムスメがじゃっかんご立腹の様子だった。

12日はそんな調子で、夕方になって雨風が強くなった頃はちょっとビビったが、22時を過ぎると雨も風も完全に止んで、静かな夜が来た。最近は1階で寝ているのだが今回は2階で寝ようと思っていたが、この調子なら大丈夫だろうと思い1階で就寝。

13日は朝からめちゃくちゃ快晴。風はちょっと吹いていた。 前日に外に遊びに行けなくてフラストレーションがたまっているだろうムスメのために家族で散歩に出かける。浅川の様子も見たかったので車で浅川沿いを走り、その足で昨日避難するかもしれなかった公園へ向かうコースとした。 浅川は昨日のライブカメラの映像よりは水は引いていたが、普段からするとまったく想像できないくらい水かさが増しており、水も濁って茶色になっていた。同じ思いの近所の人たちが欄干に手をかけて浅川を眺めており、怖かったよね~と共感するなどした。 公園に着いてムスメを放つと、チョロQかなと思う勢いで走り出した。でも天気が良すぎて眩しかったのか、行きつ戻りつを繰り返していた。 そこへHとりさんが買い物ついでにチャリンコで寄ってくれて、臨時井戸端会議を開催。昨日の体験談などを話す。 公園が高台にあり風がけっこう強かったので、寒くなる前に切り上げてHとりさんと分かれて帰宅。

帰宅するとムスメが昼寝し始めたので、臨時家族会議を開催し、家事分担というか家事そのものについて議論。「しなくていいことはしたくない」との結論で合意。無洗米や食洗機・コーヒーメーカー等の導入について検討。有意義な会だった。

家族会議後お腹がすいたので、買いだめしといた無印良品のカレーを食す。無印のカレーは本当に美味しい!辛くないシリーズもいくつも種類があってどれもうまい。もっと買っておこう。

午後は旦那はバンドの練習に出かけ、私はスーパーで食材を買い出して来週分の下ごしらえ。下ごしらえっていうか野菜類を切っておくだけなのだが、ものぐさ者にはそれだけでも平日の料理のハードルがだいぶ下がるので最近実験的にやってみている。

夜ムスメを寝かせた後、会社の同期のIまちゃんおススメの「フルーツ宅配便」というドラマをAmazonプライムで鑑賞。デリヘルを舞台にした話で、1話目を見たのだが意外と救われない話で気がめいりそうだったため、続きは後日見ることにして、関連動画に挙がっていた「きのう何食べた?」を鑑賞。これが大当たり。

Eじが原作の大ファンで、私も少し読んだことがあったのだが、キャスティングが秀逸だとEじが大騒ぎしていただけあって確かに原作の雰囲気を完全に再現できておる!いいねぇ。特に内野聖陽は前から割と好きだったのだがこのキャラも演じられるのか~~と感銘を受ける。うまいな~~。 1話からどんどん見ていって、眠くなるまで見て寝る。なんか良い夜だった。

そして本日14日は、旦那がバンドの練習で午前中からいないので、バンド仲間のNつと一緒にムスメを連れて地元のららぽーとに遊びに行こうかと思っていたのだが、朝起きたらムスメが少しだけホカホカしており、少しだけ熱があったので大事をとってららぽーキャンセル。Nつすまん。 ムスメは微熱があり鼻水が出ているものの完全に通常運転で、家の中で上へ下への大騒ぎだった。対応に疲れて一瞬サークルの中と外で別行動させてもらったほど。元気やな~あの人。若いからな。 しかも最近は一人遊びが全然できるからもしかしてもっと別行動でもいいのか?と思うほど。でもこちらが寂しくなるから乱入してしまうが…。今日は時間も長かったのでちょっと別行動した。 別行動の間は「きのう何食べた?」の続きを観たり録画していた「いだてん」を観たりしていた。ムスメはそれらを一瞥して自分の遊びに戻っていた。クール。

きのう何食べたは本当に秀逸なドラマであった。もっかい観たい。

あと家の中で行方不明になっていた本のありかのヒントを得て、それを発見するなどした。Nつを車に乗せることになっていたので車を掃除しようと思い、車の中のゴミを捨てていたら、探している本の帯が出てきて、その周辺のゴミは旦那の実家に帰省した時のゴミだったので、そういえば帰省の時に読もうと思って持って行って、それから行方不明だ!と気づいて、帰省に持っていった、普段使わない大きなキャリーバッグのポケットをまさぐったら果たしてそこに入っていたのであった。

 

なんてしているうちに、台風も来ておらんのに家から一歩も出ずに一日が終わりそうで、それもなんか切なかったので、近所のダイソーに行く。珪藻土でできたキッチン用のプレートが300円で売っており、いま哺乳瓶を乾かす用に使っていてすごく便利なので、ムスメの鼻吸い器の部品を洗って乾かす用にもう一つ買いに行った。 でついでに思いついて突っ張り棒を買った。収納の中に毎日使うカバンを収納しているのだが、ぐっちゃぐちゃになるのでイヤだったので、それを仕切るために突っ張り棒をタテに使ってみた。

f:id:takki_bear:20191014231344j:image

今のところなかなかすっきりして良い気がする。

 

そんなこんなで3連休は失われた。いや予定通り過ぎていった。失われはしたが意外と楽しかったとも言える気がする。3日目のムスメの風邪は予想外だったけどムスメが小さいうちは大きな意味では想定範囲内だものなぁ。仕方なし。

 

また来週もがんばろう。

ヘチマだかオクラだかの話

最近ムスメの知的成長がめざましい。
ある程度人間語を理解している節がある。具体的には、◎◎持ってきてとか、お父さんどこにいる?とか。理解した上で無視されてる場合もあってつらみ!

で今日バンドのスタジオの帰り、これまでのムスメの軌跡を写真で振り返っていたのだが、新生児の頃はそれなりに目鼻立ちがハッキリしてるワァーー!とか髪がフサフサだワァーー!とか親族大騒ぎしてたわけだが、1歳2ヶ月の現在から遡って当時の写真を見ると、おサルさんというかジャガイモさんというかもはや別人なわけですよ。
でその時に、このおサルさんなりジャガイモさんにはもう二度と会えないのだと思うに至り、ちょっと泣きそうになるなどした。
今の活発なムスメももちろんかわゆスギィーーーなわけだが、1年後・3年後・5年後・10年後とかに1歳の頃はおまんじゅうみたいで可愛かったなぁーと思うんだろうなーと思った。
常に今のムスメを脳裏に焼き付けておきたいものです。

最近のムスメは人見知りがまだまだおさまらず、とりあえず初めての人には泣いときゃいいくらいに思ってるフシあり。5分くらいでなつくのだが。

金曜の夕方、旦那が社員旅行でいなかったのでムスメを保育園に迎えに行ったその足で近所のママ友のHとりさんちに遊びに行った。直前の誘いだったがHとりさんと私を含め4組のいつものママ友が集まれて、楽しい夜を過ごした。夜といっても子どもたちのお風呂の時間までなので19時解散なわけだが。
まだ寝返りもしないくらいから友達で、会ってない子は5ヶ月ぶりとかだったのでお互いの子どもの成長に驚きあいその苦労を称えあったのであった。
お互いに子どもの成長を喜べるのはいいねぇ。あと解散して5分で家に帰れるのもいいねぇ。

そして週末が終わっていくので会った。

親なるもの断崖の話

何年か前に、ネットの広告に引っかかって読んだマンガがあった

親なるもの断崖である

無料の試し読みだけ〜と思って読み始めたものの結局続きが気になりすぎて全部購入してしまった。
電車で乗り換え駅を乗り過ごすほど没頭して読んだものです。

そんで今日、ブックオフを攻めたらその漫画の新装丁版が安く売ってたので買ってきてしもうた。

そして読んだ。泣くわー。。
前に読んだときは前半の女郎編が衝撃的で戦慄したものだが、子ども産んでから読むと後半の、主人公の娘が他人と思えず号泣したのであった。みちおが幸せになって本当に良かった。
てか前半の女郎編、1日に10人以上の客を取らされるとかで、11歳から18歳までそこにいたってことは、休みの日とかを考慮しても、のべ2万人の相手をしたということ?!ひどき〜〜〜ひどき話〜〜!
しかも女郎になったのは親のためなのに、シャバに戻っても女郎のくせにと差別され散々な目に遭わされるというこのひどさ。生きるというのは一体なんなのでしょう。


という重い気持ちになってつらいので、同じブックオフで買ったこれをちょっと読んでから寝ます。

腐女子のつづ井さん。
腐女子の生態、みたいな感じで珍しがられてるようだけど、私はこの人らがほんとに日々を工夫して楽しく生きてるのがほんと好き。作者もそんなようなことを言っているみたい。
つづ井 on Twitter

本屋、行くとやっぱ楽しい。
今日は旦那が社員旅行でいなかったのでムスメと2人で行ったのだが、歩きたいと言うので降ろしてやったらこのいっぱしの本屋巡りぶり。

カゴを取り上げると泣きわめく。そして本と本の間の標示板を器用に抜いては私に渡してくる。おまけに私が見たい棚はスルーする。自由〜〜

でも楽しかったです。

石田三成の話

なんか知らぬ間に岡田准一主演の映画「関ヶ原」を録画していたのでちょっと観た。
関ヶ原 Blu-ray 通常版
映画自体は、キャストや雰囲気は悪くないんだけどセリフがとにかく全員早口でボソボソしゃべるので何言ってるか分からなくて途中で観るのをやめちゃったのだが、原作の司馬遼太郎関ヶ原を読み返したくなり本棚から引き出して通勤中に読み始めた。
最近ビジネス本ばっか読んでたので、歴史モノ読むの超楽しい。

関ヶ原石田三成を主人公として、秀吉の死から関ヶ原合戦までの政治的な動きをじっくり描いた本なのだがとにかく面白い。
読むのは今回で4回目くらいなんだけど、読むたびに発見や感動がある。

石田三成のキャラが秀逸なのよねぇ。
頭がめちゃくちゃ良くてかなり無欲で豊臣家のことしか考えてないんだけどコミュニケーション能力に難ありで言動が他人の癪に触り人望がない、でも本人はいたって真面目で意外と思いやり深く、人の好き嫌いが激しくてひとたび好きになると命を賭けても守ろうとして、数少ない友人とは鉄の絆で結ばれているというなんともいえなさ。
なんかすごく気持ち分かるというか人間味があるというか、親近感わく。頭でっかちで理想を追いすぎるとことか。
あと今回読み返して、石田三成って発達障害だったんだろうなーと思った。分野によって能力差が激しい(事務能力は高いのにコミュニケーション能力が低い)、人の好き嫌いが激しいなどなど、なんかいかにも発達障害ぽい言動の数々。自分も発達障害の気があるからなおさら親近感。

映画では岡田准一、大河の「真田丸」では山本耕史が演じていて、特に山本耕史石田三成はいかにも感すごい。真田丸はいつか一気見したいと思いつつ見れてないのだが、YouTubeに上がってる、「誰よりも情が深いのにそれをちゃんと説明しようとしないから加藤清正に心が無いと非難される石田三成とか、「豊臣家のためにどうしてもヨボヨボの秀吉に遺言を書かせたくて、でも秀吉が眠たがるとイラッとして『眠くない!』と叱りつけてしまう石田三成とか、もータマラン坂。真田丸見たいのにNHKオンデマンドに無い。新井浩文がつかまったからなのか?おのれーー。

昨夜NHK BSで、関ヶ原の3つのIF、みたいな面白そーな番組をやってたので録画しながら見てたのだが、MCの岡田准一がなんかあんまり賢くなさげなコメントばっかりでわろた。
関ヶ原の現場にて、専門家が城と城の違いを説明して、岡田君が「わー全然違いますね!全く違うって言うか〜」とか言ってて噴いた。同じこと言ってる!
そんな岡田君も映画の中ではキレッキレの石田三成に見えるから不思議よのー。

あとツイッターで、石田三成を名乗るアカウントがあり、毎年関ヶ原の時期になると「今年こそ西軍が勝つ!」と息巻いてツイッターを連投するみたい。
毛利家とのLINE既読無視!とか、大谷吉継は即レス!とかおもろかった。
来年こそは西軍勝ってほしい。

結婚式の話

土曜は会社の同期の結婚式に出席。
ここ数年、結婚式に出る時はいつも同じ服。臨月〜授乳期はそれ用のツーピースを着てたけど。

よく見えないけどこれ。袖の形がちょっと変わってて、上着を肩にかけてるように見える。
肩が出ないからあんま寒くないしボレロとかも要らないし、シュッとしてて気に入ってる。
気に入ってるけどまあ何年も着てるし、土曜に結婚式行ったら同期のテーブルみんな服が黒で、地味やろ…てなったし、10月にまた結婚式あるし、年明けくらいに結婚しそうな友が2人おるし、ここらでもう1着、色味のあるワンピースでも買ったろかと思った。

最寄駅の駅ビルに心当たりがあったのでさっそく日曜の買い出しの時に馳せ参じて試着。


うーーむ。コレジャナイ。
優雅すぎるわりにきちんと感も無い。
しかもベージュのほうなんかはゆるゆるシルエットなわりにウエストきつい。

というわけで撤収し、家でゾゾタウンを見てみる。




今年はアレやね、一部シースルーみたいのが流行ってるんだね。土曜の結婚式にも5人くらいいた。
レースはちょっとわたしにはトゥーマッチだけど、チュール生地っぽいやつはオシャレねー。まあでも流行りすぎててかぶるからちょっとなぁ。

土曜の結婚式で、会社の先輩に久しぶりに会ったらノースリーブのシンプルなワンピを着ててすごい似合ってた人いた。
そういうシンプル系もいいなー。

でも結局ノースリーブだと寒い寒いつってストール羽織ったりしないといけなくなるんだよなー。ボレロはもう絶対やだし。

今持ってるワンピの色違い的なやつがないかなーと思って探してみたけどイマイチ見つからず。

こんなん出てくる。トゥーマッチ〜〜
ワンチャンありそうなのがこれかな。

なんかネックレスがくっついてるのが不要だけど外せばいいしねぇ。
でもこれで16,000円とかする。試着せずに買うのはちょっとコワイなー。

なんかこのままズルズル買わないままになりそうな予感。

ところで結婚式に出席するので、普段つけない婚約指輪をつけたらン〜〜イイネ〜〜ってなって、「結婚式につけて外すの忘れてる人」のテイでまだつけてる。
旦那に言ったら別に堂々とつけりゃいいみたいなこと言われたけど、なんかそれもねぇ。


まあ今週いっぱいくらいは外すの忘れとくか。