ムスメのポシェットを作る話

ムスメの希望により、黄色ワンピと同じ生地でムスメにポシェットを作った。

f:id:takki_bear:20210119172041j:image
f:id:takki_bear:20210119172037j:image

このリボンは一応プラスナップで付け外しができるのだが、外したところでプラスナップが見えるから外さないような…。なんならプラスナップでクルクル回るから、プラスナップじゃなくて縫い付けちゃっても良かった。

プラスナップのままにしといてあとで縫い付けちゃおうかな。

なんかこういう小物であれば2時間くらいでできるようにはなってきた。いいねー。

 

【追記】

ムスメにポシェットあげたらかなり喜んでつけてオモチャを入れたりなんだりしていた。

f:id:takki_bear:20210119221215j:image

喜んでくれるとこちらの達成感もひとしお!

やりたいことの話

コロナ禍のこのご時世で、妊婦としてはなかなか都心には出づらいところではあるが、趣味の裁縫のための布を仕入れにオカダヤにだけ行って帰ると決めて新宿へ行ってきた。

通販でも買えるっちゃ買えるのだがやはり手に取って選べないのは大きくて失敗も多く、地元の手芸店でも買えるっちゃ買えるのだがオカダヤと比較して種類が桁違いなのでたまにはオカダヤ行きたい。地元でも買ってるけどね!

で今回は旦那のシャツの生地(白)・自分のキャミソールブラウスの生地(青)・ムスメのキャミソールブラウスの生地(水色の花柄)・ムスメのワンピの生地(赤)と、それぞれ合うミシン糸を買いこんで帰ってきた。

f:id:takki_bear:20210119063434j:image

今回オカダヤに行ってほんと良かったな〜と思ったのは、ポリエステルとかの化学繊維入りの生地がたくさん見れたこと。

もちろん綿100%とかリネン100%の生地はやっぱり風合いが良くて、作るだけならそれが良いのだが、洗濯したらシワだらけになっていちいちアイロンかけないと着られないとかになるとだんだん敬遠するようになるからねぇ。ガシガシ洗える化繊入りもアリだなって思うようになった。化繊入りでも素敵な生地があればそれに越したことないと思ってそういうコーナーを見に行ったら大当たりだった。化繊入りの綿とか化繊入りのリネンとかそういうのがたっくさんあって、化繊入りでも良い感じの布地を見つけることができた。これは本当にオカダヤならではだった!

地元の手芸店だとほとんどが綿なら綿100%とか、リネンならリネン100%で、化繊入りだとなんか妙にツルッとした無表情の生地しかなくて選択しようが無い。通販はもっと危険。

 

これでしばらくステイホームできます。それぞれの生地の余りで2人目のスタイとかの小物をちまちま作りたい。

 

今回裁縫について考えてみたけど、昨年末にソーイングビーを観たことで裁縫への取り組み方が変わったという自認がある。観る前はとにかく早く欲しいものを作るというか、工程をめんどくさく感じていたが、観た後は少しでも丁寧にきちんと取り組みたいというか、工程を楽しむみたいな気持ちが出てきた。

ソーイングビーの人たちが、めっちゃ時間のない中で「どうしてもしつけ縫いしてから縫いたい、その方がきれいに仕上がるから…」とか、「ちょっと縫い目がよれた、普段だったらほどいてやり直すけど今は時間が無いから諦めるわ…」とか言ってるのを見て、なんか感銘を受けたのだった。

で丁寧に取り組むと決めると裁縫って改めてすげー楽しいなと思うなどした。これまで省いてたしつけ縫いとか「いちいちアイロンかける」とかをきちんとやると、たしかに少し見栄えが違うような。もっと上手になりたいな〜と思う。

産休だからってこんなに裁縫ばっかりしててどーする、という気もするのだが、こんなに時間があるのは2人目が生まれるまでのこの3ヶ月間で、あとは一生無いかもと思うと、一生分没頭しておくのもいいかもと思うなどした。それがまた何かにつながるかもしれないし。

 

ちなみに産休中にしたい他のことは、「英語」と「料理」。

英語については会社の福利厚生でスタサプを安く受講できるので取り組んでいるのだが、英単語はとにかくやってるけど、英文法の方の講義がなんていうか、すごく分かりやすいのだが、とにかくTOEICの点を上げることだけに特化した内容で(そういうコースだから仕方ないけど…)、なんというかサモしいというか豊かじゃないというか、もっと英語そのものを学びたいなと思うなどした。ということを旦那に言ったら「英会話とかの方が良かったのかね?」と言われ思い出したのが、今回のTOEICコースにオマケで英会話コースもくっついていたのだった。英単語は継続しつつ、そっちに取り組んでみようかなと思っておる。

 

料理についてはキッチンの使えない今は保留や。仕方なし。

やりたいことの具体的な内容としては、副菜のレパートリーを増やしたい。最近「ごま和え」を習得したが、それで「おひたし」「ごま和え」「無限◯◯」の3つになったような感じ。極端に少ない!メインおかずは有元葉子の本を読んだおかげで普段のご飯はレシピとか見ずに楽しく作ることが出来てるので、それはそれで良しとして、なんか名前のある料理(「青椒肉絲」とか「ハンバーグ」とか)もサクッと作れるようになりたいものだ。有元葉子の本をまた読み返そうかなと思っておる。

 

というわけで裁縫・英語・料理に取り組みたいと思っております。あとなんか、文章力を伸ばすことができたらな〜と最近思い始めたけどこれはまだ何も見えてない。

続・家を追われる話

家のリフォーム(キッチンand風呂)のために自由に家を使えなくなって1週間、だいぶペースもできてきてのんびり過ごせる時間も増えてきた。

基本的に職人さん達とのコミュニケーションは無くてよくて、たま〜に現場監督のおじさんから変更点などの連絡が来る程度。基本家にいなくてよいのも助かった。

旦那が暮らすためのマンスリーのワンルームマンションがあり、位置関係でいくと、

f:id:takki_bear:20210118141110j:image

こうなっておる。

 

マンションは当初、私とムスメは九州に避難し旦那だけが住む想定だったので通勤しやすさだけ考えてターミナル駅のほど近くに借りていたので自宅からはだいぶ離れていて、自転車は停められるけど車はコインパーキング利用しかダメ。

保育園は車も自転車も一時的に停められて、ベビーカーは日中置いておくこともできる。

自宅は車も自転車も出せるけど、お風呂とキッチンは当然使えず、日中は職人さん達がいるのであんまり1階の収納や冷蔵庫など出し入れしづらい状態。2階(旦那の部屋・私の部屋)は自由に使える。

工事は平日・土曜は基本毎日8時半〜18時、日曜は休工。

 

というこんな条件で3週間ほど過ごすこととなります。

 

食事

大人だけなら3食コンビニ飯でもいいけど、ムスメもおるしそういうわけにはいかず。朝ごはんは前日のうちにパンなど買っておき、昼ごはんはムスメは保育園なので保育園で美味しい食事をいただき、大人は外食か中食でテキトーに済ませ、夜ごはんは日中のうちに私がマンションに一度行って料理をしてタッパーに入れておき、ムスメを保育園に迎えに行くついでにマンションに寄ってご飯を食べてから自宅に戻ってくる運用としてみた。

というのも職人さん達がだいたい18時まで自宅にいるので、人見知りしがちなムスメは知らないおじさんが家にたくさんいたらご飯どころじゃないだろーなと思い、それでもムスメは18時までにはご飯を食べさせたいし、保育園の迎えも18時までには行かないといけないので、ならばということで17時頃迎えに行ってマンションに行って食べるのがよいよねと思った。

ムスメは最初こそ「ここどこ?おうちは?」と戸惑っていたもののすぐに慣れた様子で、「きょうはおうち?まんとん?」とか聞いてくるようになった。

マンションはマンスリーのワンルームなので必要最小限の設備しかなく、料理するための最低限の材料を100均やスーパーで揃えてみた。調味料はスーパーで小さいサイズを、タッパーやエプロンは100均。包丁・まな板・ボウルは自宅から運んだ。後から炊飯器も運んでみた。

f:id:takki_bear:20210118142548j:image

キッチンこんな感じなので、普段戸建ての広いキッチンに慣れてると、えっ食材どこで切るの?とか洗ったものはどこに置くの?みたいなことになって、ちょっと浮世離れした王女様みたいな気分を味わうハメとなった。

結局洗いカゴを100均で買ってレンジの上に置いたり、食材切るのはベッドの横のサイドテーブルで切るなどして全然クリアーするなどした。

特に不満なし。

我が家の今の食器棚↓

f:id:takki_bear:20210118202036j:image

自宅だと食器が使えないというか使っても洗えないので紙皿and割り箸が大活躍中。

 

風呂

風呂が悩みのタネ。大人だけなら毎日銭湯でもいいけどムスメいるし冬場だしねぇ。

隣の叔父宅の風呂を貸してもらえることになったものの、叔父宅一家と生活リズムが全然違うのでなんか遠慮しちゃうし、あと叔父宅の風呂の造りが天井が高くて窓が大きいからなのか、洗い場がめちゃめちゃ寒くて大変困る。ムスメが風呂上がりに両鼻から鼻水とびだした状態で「さむかったネ〜」とか言ってくるのを見るとちょっとしんどいなコレ〜という感じ。

お湯を熱いの張ってみたりしたがムスメの下半身が真っ赤、上半身真っ白みたいな状態になってしまってアカン。そもそもお湯があまりに熱いとムスメは入れないしなぁ。

というわけで先週は旦那が在宅勤務の日にスーパー銭湯へ行ってみた。ムスメはオムツ外れてないので「ちびっこ湯」というお風呂ならば入浴OKとのことで、これまで何度も行ったことあるけどちびっこ湯に注目したことなかったのでどんなもんか不安だったが、結論から言うと大満足だった。

 

ムスメは温泉的な施設はほぼ初体験なのでどんな反応を示すか少し不安もあったが、案外ノリノリで「おかーたーん!いくよー!」なんつって率先してお湯へ向かっていた。平日夜だったので人も少なく、たまにいるおばあちゃんとかからは「あら〜かわいいわねぇ〜」とか声かけてもらったがその際はムスメは得意の人見知りを発揮し塩対応であった。

懸案のちびっこ湯はお湯が40度くらいのほどよい感じで、お湯の深さが40センチくらいと浅く、お湯に入る前にちびっこのしりを洗うためのシャワーが備え付けられており、きわめつけにお風呂の脇にでかいペンギンの人形が二体立っている。ちびっこ湯を使っていいのはちびっこ本人とその保護者のみ。

この日はムスメの他にはちびっこはおらず、ムスメと2人でのびのびと湯を堪能。湯が浅いので私は半ば寝そべらないと全身浸かることができないが、それはそれでたまにある「寝湯」みたいな感じでとても良き。妊娠中の腹が湯からとびでるので、たまにうつぶせみたいにお腹を下にしたりしていたらムスメがマネをしてうつぶせ体勢を取っていた。ムスメがうつぶせになるとプールでバタ足を練習しているような光景となるのでとてもかわゆい。

ジェット湯や薬湯・炭酸泉や露天風呂など他の湯にも入りたい気持ちもあったが、それよりムスメとのんびりあったかいお湯に浸かれて大変満足だった。

身体も洗って脱衣所に出て、ムスメはもうフリースのねまきを着せて、持参したドライヤーで髪を乾かして外に出て旦那と合流。この施設は床暖房が入ってて足がポカポカのまま帰れるので夢見心地であった。

とはいえコロナも怖いし料金もそれなりにかかるので毎日は行けないので、他の手も考える必要がある。

旦那からの提案で昨日はマンションのお風呂に入ってみたがこれもなかなか快適。旦那から「下水のにおいするよ」というイヤな前評判があったのだが、換気扇回すと全く気にならなかった。

冬場なのでこの手を使うとすると車でムスメを保育園に迎えに行ってその足でマンションに行くしかないのでコインパーキングを使うしかない。最寄のパーキングを調べたら20分100円だった。安くないけどまあ許容範囲か。。

 

その他

・夜はムスメと共に21時頃寝落ちするのがデフォルトなのだが、普段は4時くらいに目が覚めて、そこからムスメが起きる6時くらいまで自由時間、みたいな感じなのに、ここ数日は夜中の1時半とかに目が覚めちゃって眠れない。おとといなんて21時に寝て23時に目が覚めてしまってそのまま朝まで眠れなかったりした。生活の変化がストレスなのか?あと寝る部屋が変わったから乾燥とかで鼻詰まりしてるという説もある。あと部屋のスタンドライトを点けっぱなしにしてたからという説もある。

・工事開始から数日経ってやっと生活サイクルが定まってきて、工事後の出来栄えへの期待や夢想に心のキャパが割かれるようになってきた。これを機に要らないものを捨てたりしてるので、今までより快適な生活が送れるように頑張りたいものだ。

・工事開始と時を同じくして、最近使ってたオールインワンクリームが切れてしまい、別のを使い始めたらなんか合わないのか肌の調子イマイチ。よく見たらオールインワンではなくて化粧水の後に使うやつだったのもイマイチ。オールをインワンしてくれ!

ヒルドイド入りのオールインワンというのを見つけたのでAmazonで買ってみた。

 

そんな感じです。

最近のムスメの話

最近のムスメ(2歳半)の様子のハイライト。

 

◆謝るのを拒否する

「3歳になるまではいろいろよく分からないから叱らなくてもよい」という説を聞いてるのでそのベースなのだが、それにしたって「他人に迷惑をかけたら謝る」くらいのことはできるやろと思っておるのだが、コラッ!と怒った瞬間にすんごいテンションで泣いて抵抗してくる。なんか自分が悪いことしたというのは分かったうえで謝りたくないんだろうなというのは感ぜられる。

先ほども夕飯中にふざけてヨーグルトのついたスプーンを振り回し、旦那の服(わたしも)にヨーグルトが飛び散ったのでムスメを捕らえ「コラ!ムスメちゃんがふざけてスプーン振り回したからパパにヨーグルトかかったよ!パパに謝んな!」と叱ったところ、「パパにあやま」くらいで食い気味に号泣開始。普通の泣き方でなくワンワン泣いて同情を買おうとしてきよる。更に「ムスメちゃんもかかった」とか「パパにはかかってない」とかへりくつをこねやがる。

長い問答の末に旦那の膝に座った状態で「ごめんなたーい」と言うに至り、疲労困憊したが勝った気持ち。

なんなの?どうすんのシツケって。

 

◆オバケ等

タオルとか毛布とかを頭からかぶった状態を「オバケ」と認識した様子。

こちらをおどかそうとして「オバケだぞ〜」と言おうとして言えなくて「オバケなど〜」と言ってくる。オバケの他に何かおるんか。

 

◆誰かの誕生日を祝う

おもむろに「ハッピバースデー」を歌い始める。言えてなくて「ピーバーデーチューチュー♪」という感じだが。で「ディア◯◯」のところは毎回自分とか私とか適当な人が入れられ、歌い終わると拍手しながら「オメデトー」と言うまでがセット。

最初はこちらも戸惑い、え?誰に?という感じだったがあまりに頻繁なので一緒に歌うようになってきた。ディア◯◯のところをムスメの想定と違う人を言うと即座に訂正されて、ルールわからんわとなる。

 

◆黄色は自担

黄色が好きなようで、黄色いものは何でも自分のものと主張する。この前も黄色いクルマが走ってるのを指差し「あれムスメちゃんの」と主張するのだがそれがフェラーリだったので旦那が「あんた大きくなったら自分で買いな。」と小さな声で言っていた。

黄色い布で作ってあげた服はよく着るし、サインペンの黄色は絶対譲らない。

f:id:takki_bear:20210117010842j:image

黄色の他、赤とピンクも自分のものらしい。

逆に「ムラサキは●●ちゃん(保育園のお友達)の〜」とか、なんか担当制らしい。よく着てる服の色とかなのか?

「どんな色が好き?」とか「赤い鳥小鳥」とかの歌を歌えるようになって、好きな色を入れては歌っとる。どんな色が好き?と聞かれて「じゃ〜黄色」とか適当に言おうもんなら「黄色はムスメちゃんの。」とピシッと言われて終了。なぜ〜

 

◆ゴミ収集車

消防車や救急車が元々好きだけど、最近は町なかを走るゴミ収集車をめざとく発見しては報告してくる。対応に困り「頑張ってくださいって言えば?」と言ったら「がんばってくだたい!!!!」とすごい気合で応援していた。

 

◆かゆいところを持たされる

新生児の頃から入眠はかなりスムーズなほうだが、最近もっと遊んでいたくて起きていたがることも増えてきた。でも睡魔には堪えられず葛藤しているところをよく見る。

葛藤すると不機嫌にはなってくるが、その一環として「カユイところを持ってくれと依頼してくる」というのがある。クチビルの上がかゆかったときはそこを指で押さえておくように指示がありそのようにしたところスン…と入眠した。この間はシリが両方カユイらしく、シリを両方持てという指示を半ギレで与えてくるので仕方なく両手で両シリを支えてあげたところ、やはりスン…と入眠した。なんなん。

 

◆35

お風呂あがるときとかに呪文のように1から10まで言えるようになった。でも数の概念は3くらいまでしか分かってなくて、10個くらいのものを「何個ある?」と聞くと「5」と答えてくる。

あと、巻尺が好きで発見すると奪われるのだが、その巻尺を引き出していろんなものにあてて、神妙な顔をしたのちに「…さんじゅうご」と言ってくるようになった。ブルゾンちえみか。いまのところ何を測っても35以外の回答はない。なんなら「いま何時?」と聞いても「35」と返ってくる。

 

◆一発芸

ご飯の終わりに「ごちそうさまでし…プー!」というギャグを言って1人で爆笑するようになった。なになの?保育園で流行ってるの?

 

◆カラスよりハトがこわい

大きな公園に行くと基本ハトがたくさんおり、ハトはこわいらしく「ぽっぽいるね〜コワイね〜」と言ってくる。たまにカラスが舞い降りて来たりして「カラス来たよ」と言うと「カラスいるね〜でもぽっぽのほうがコワイね〜」とハトに対する恐怖心を強調してくるのであった。なんでそんなにコワイのか?

 

◆すっぽんぽん

服はだいたい自分で脱げるようになって来たが、オムツも脱げるようになってしもうた。全然お風呂じゃないタイミングでふと見たらすっぽんぽんという時があり、思わず二度見した。

服着な!と言ってもゲラゲラ笑いながら逃げるばかり。布団でオシッコされたら困るというこちらの事情を分かっているのか、あえて布団方向に逃げるムスメ。なんなんだ。

「すっぽんぽん」という響きも好きなようで、なにかと言ってくる。笠をかぶったどんぐりと脱げたどんぐりを見比べては脱げてるどんぐりをさして「すっぽんぽんね〜」とか。

 

◆カッコイイ

「カワイイ」は少し前から口にするのだが最近「カッコイイ」とも言うようになって来た。カワイイものとカッコイイものには何か定義の違いがあるらしく、これカワイイ?とか聞くと「ううん、カッコイイ。」と訂正されたりする。

私の服とかピアスとか腕時計とかを「カワイイ」と「カッコイイ」に分けてくる。腕時計はカッコイイ、ピアスはカワイイとカッコイイが半々、服はだいたいカワイイ。カッチリした素材のものがカッコイイなのかなー。

この前は車でグリーンデイの曲をかけてたら「この歌カッコイイね〜」と言ってきた。視覚だけでなく耳からの情報もカッコイイの範疇に入るのか!と思い驚いたので、noodlesとかレッチリとか聴かせてみたらそれも「カッコイイ」と言っていた。バンド女子になるかな。

 

◆だめよ〜

何か意に沿わないことがあると「だ・め・よ〜」と言ってくる。「靴下と靴履いて〜」とかの正当な要求も「だ・め・よ〜」の時がある。やだよ〜ではなくだめよ〜なのがポイント。

あと「◯◯してほしくない、◯◯しちゃダメ」というときには「◯◯してブーよ!!」と言ってくる。座ってブー!とか食べてブー!とか。

 

◆魚好き

肉より魚派らしく魚を出すとよく食べる。寿司屋の前を通るたびに「おさかな食べたいな〜」とひとりごちている。

 

 

そんな感じです。

テンション上がった話

妊娠7ヶ月にして体重が12キロも増えていて、医者にも怒られるし自分でもイヤだしと思っており、年明けから「1日1時間歩く(12,000歩くらい)」「間食禁止(ミカンは可)」「炭水化物は気持ち控えめ」ということで取り組んでみたところ、なんと体重が2キロ減っていた!

体重計が壊れとるんじゃないかと思い傍らにいたムスメをむんずと抱っこして乗せてみたところ、13キロと表示されてそれはムスメの最近の体重の感じと合致するものだったので体重計が壊れているわけではないということが分かり、ここ最近で稀に見るテンションの上がり方をして神よー!と快哉を叫んだのであった。

 

妊娠中だから体重は増えて当たり前なので減るというのもどうかとも思うがこれまでが増えすぎだから良いんだと思う。無理なことしてないし。特にウォーキングは良きと思う。ウォーキングというかただムスメの送り迎えを車じゃなくて歩きにしただけだけど。トコちゃんベルト付けてないと足腰がガタガタになるけど付けてれば大丈夫。

 

引き続きがんばる。

4人お揃いのものを作る話⑤

ムスメのワンピ、やはり物足りなかったのでエリを付けてみた。

f:id:takki_bear:20210115202825j:imagef:id:takki_bear:20210116010528j:image

ムスメに見せたところ、さっそく胸にあてて嬉しそうにしていた。

f:id:takki_bear:20210116010726j:image

ういやつめ〜。

 

夏服だから今は着れなくて、夏になったら着ようということを言ったら、ずっと「今は着ないよ〜〜なつになったら着るんよ」みたいなことをうわ言のように言っていた。

4人お揃いのものを作る話④

ムスメのワンピ、サクッと完成〜

f:id:takki_bear:20210115065314j:image
f:id:takki_bear:20210115065306j:image

完成したけど、なんか生地が素朴な感じだからなんか物足りない…なんかフリルかなんか付けたいなー。でもフリル付けるバランスが分からんので、胸のところになんかレースのチロリアンテープでも付けたらかわいいかな?探してみよー。

 

今回のワンピを作るにあたって導入してみたのがこちらのミニアイロン。

f:id:takki_bear:20210115065310j:image

裁縫中にアイロンを頻繁に使うのだが机から立って床に置いてあるアイロン台に行くのが手間だし、アイロンから離れてるので一応毎回電源を切ってるので時間が掛かるな〜と前から思っていたので、手元にミニアイロンを置いて電源付けっぱなしにしてみたいと思っていた。

ビックカメラに行ったけどミニアイロンは無く、無印のトラベル用アイロン(4,000円)にするか…と思っていたのだがユザワヤで980円でミニアイロン売ってたのでとりあえず買ってみた。

ミニだけど用は足りるのだが、コードが勝手に抜け落ちるのが難点。アレならまた買い直してもいいしとりあえずこれを使ってみよう。

卓上のアイロンシートがデカイので切ろうと思う。
f:id:takki_bear:20210115065302j:image