一方通行に巻き込まれた話

今日もジムに行ったら私のロッカーの前におばはんが2人いて熱心にしゃべっていて、どいてくれるように手刀を切ったりしても2人とも5ミリくらいずつしかどいてくれなかった

 

のでこうなった

 

f:id:takki_bear:20160917002116j:image

着替え中にずっと2人のおしゃべりの雨にさらされていた

 

おばはんA:わたし最近眠れないノヨォー!

おばはんB:わたしどこでも寝られるノヨォー!

おばはんA:わたしちょっとウトウトしたかなっと思うと朝なノヨォー!

おばはんB:わたしキャンプとかでも平気で寝られるノヨォー!

 

 

2人とも相手の話全然聞いてない

 

 

私が着替えてる間ずっと話は平行線だった

 

寝られるおばはんと寝られないおばはん

 

だんだん不眠も過眠も根っこは同じような気がしてくる

 

同じ人間だもの

 

おばはんたちは魂の深いところで語り合っていたのか

 

 

んなわけあるか

 

相手の話はちゃんと聞かなあかんょ