読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fランド 4日目

さて朝になった

ヘルシンキに着くから降りる準備をするのだという内容の放送が流れる

なんか記憶がまったく曖昧だが、飛行機や電車の中でウロチョロするために履いていたスリッパ(日本の100均で購入)がなぜだか忘れたけどビショ濡れになり、なんかとても汚く感じたので廃棄した。

あと何かつまらないことに私がイライラしてゴネていたところ旦那が呆れイライラおばさん的なアダ名を付けられたような気がする

最近バンド仲間とかですぐ○○おばさんとか○○おじさんとか悪口を言い合う文化が確立してしまい困惑している。

旦那は最近、LINEのスタンプをちょっと買っただけでスタンプ買いすぎおじさんと命名されていた

 

そんなことはどうでもよくてついにヘルシンキに着いたのでした

ロバニエミまではわりと寒い地方というか、日本でいうと東北みたいな感じのとこなのでスノボウェア的な服を着てても全然恥ずかしくないけど、ヘルシンキは完全に東京なのでスノボウェアとか着てたら恥ずかしい。

のでとりあえずユニクロの極暖を着込んで普通の服を着込んでダウンコートを着込んで帽子をかぶって街に出る

普通に寒いけど、確かにレヴィやロバニエミのアゴがもげそうになる寒さとは質が違う感じ

雪もまあ積もってはいるけど道の端っこに積まれてる

f:id:takki_bear:20170303215526j:image

f:id:takki_bear:20170303215612j:image

ヘルシンキ駅たいへん素敵です

けど駅舎の素敵さで言ったら東京駅も負けてないよなー!となんだかいい気分になる

 

ヘルシンキではトラムという路面電車を乗りこなせないと話にならないと聞いていたので、1日乗車券的なものを購入するのが第一関門となる

まずはホテルに荷物を置きに行くべく、8番だか3番だかのトラムに乗り、そろそろ英語慣れしてきた旦那が意気揚々と1日乗車券を買い求める

無愛想だけどちゃんと売ってくれた

 

ホテルに着く。フィンランド最後の宿。

ホテルをアップグレードするか否か、最後まで旦那が悩んでいたが結局アップグレードしなかったホテル。

ちなみに私はアップグレードも何も分かっておらず寸前まで結婚パーティの準備にかかっていてなーんにも気にしていなかった。

髪をムラサキ色に染めたフロントのお姉ちゃんが現れて、アップグレードせんかったもんなぁと思ったけど、髪がムラサキ色なだけで大変親切なお姉ちゃんだったので心の中で詫びる

てゆかここらへんで分かってきたけどフィンランド人はみんな親切にしてくれた。

 

 そして街へ繰り出す

街なかは普通に都会なのでソワソワと歩いたあげくとりあえずスタバに入る

前日のマックといい今日のスタバといい、ビビるとチェーン店に入るとゆーのがチキンぶりを現している

 ていうかフィンランドにはスタバが全然ないとか聞いてたけど普通にあった

なんでもカフェ文化が確立しすぎててスタバが参入する隙がないって聞いてたけどがんばって進出したんですな。

けど腰が低くて、ドアのところに「THANK YOU FOR CHOOSING STARBUCKS」て書いてあった

こんな腰の低いスタバ日本には無いよ!!

f:id:takki_bear:20170303220658j:imagef:id:takki_bear:20170303220729j:image

カップに名前書いてくれた

あとスタバのご当地タンブラーを集めてる友にヘルシンキタンブラーを買った

 

さて気合を入れ直して出発

市場みたいなとこが楽しいと聞いたのでオールドマーケットというところに行く

f:id:takki_bear:20170305140006j:image

オールドマーケットにいどむわたくし

 

 

朝早すぎたのか店が全然開いてなくてショボンとする

市場自体は8時からやってるとネットで確認したのだが、店はそれぞれ好きな時間に開くらしい

 

気を取り直してヘルシンキ大聖堂とやらへ向かう

f:id:takki_bear:20170305140123j:image

階段をのぼる

f:id:takki_bear:20170305140129j:image

階段をのぼる

f:id:takki_bear:20170305140135j:image

たどり着く

 

 

 

まあ大変結構だったです。

しかも景色がいいといえばいいけど、目の前に工事現場とかもあってショボンとする

 

とりあえず寒いので大聖堂の中で一時休憩する

大聖堂を休憩所にすんなってかんじですが

f:id:takki_bear:20170415093918j:imagef:id:takki_bear:20170415093923j:image

中は大変荘厳な雰囲気

朝早いからか人もほとんどいない

 

さてひと休みしてから移動開始

 

一度ヘルシンキ駅前に戻ることにするがとにかくお腹が空き始める

さっき市場で開いてた店で売ってたフィッシュスープだけ飲んできたらよかったかなぁーと思いつつ歩いているとオシャレカフェが出現したので入ることとする

f:id:takki_bear:20170415094204j:image

 f:id:takki_bear:20170415094211j:image

オシャレでゆったりした雰囲気のカフェ

注文に手間取るものの、サーモンスープとパンにありつけた

サーモンスープというのはフィンランドの超定番メニューらしい

f:id:takki_bear:20170415094715j:image

ジャガイモとサーモンがゴロゴロ入ったミルクスープという感じ

 

すっごいおいしかったー!!この旅で一番と言ってもいい

サーモンスープが忘れられず日本に帰ってからクックパッドを見て自作した

けっこうおいしかった

 

サーモンスープで元気になったあとはロバニエミマーケットへ

このあと都合3回も訪れることになるロバニエミマーケット

f:id:takki_bear:20170415095658j:image

 中はいろんな生鮮食品や雑貨がもりもり売っている

f:id:takki_bear:20170415095730j:image

f:id:takki_bear:20170415095740j:image

f:id:takki_bear:20170415095747j:image

こういう場所超すき

 

f:id:takki_bear:20170415095804j:image

私の右手にいる毛皮の帽子をかぶったおじいさんにフィンランド語で話しかけられるもフィンランド語は全くわからないので英語でパードンミィ?的なことを言ったらクビをすくめてどこかに行ってしもうた

ロバニエミマーケットで昼ごはんも食べた

f:id:takki_bear:20170415102537j:image

 

ロバニエミマーケットで友達や同僚のお土産を買ったりしてから一度ホテルに戻り、休憩してからイッタラの工場へ

 

イッタラとはフィンランドの食器メーカーで、ガラスや陶器のセンスい〜いブランドなのである

工場にはアウトレットコーナーが豊富にあるとガイドブックで読んだのだが前年の秋にアウトレットコーナーは無くなったらしい

 

イッタラの工場は工場といってもいろんなブランドが入った複合施設のようになっており、引き続きお土産を買ったりした

f:id:takki_bear:20170415100742j:image

フィンランドの照明メーカーのルイスポールセンのショールームがあったりして北欧インテリアを堪能できる

ルイスポールセンの電気の傘ほしいなぁー

 

この施設はほんとセンスの良い感じで、いるだけでわくわくする

f:id:takki_bear:20170415100948j:imagef:id:takki_bear:20170415100958j:imagef:id:takki_bear:20170415101012j:image

図書館とかもあり、日本のマンガとかもたくさん置いてあった

ナルトとか

 

イッタラでもたくさん買い物した

 前日のサンタ村のイッタラもそうだったけど、イッタラの店員さんはほんとーーーーうに感じがいい

感動を覚えるホスピタリティ

フィンランドだけかなーと思ってたら、日本に帰ってから丸ノ内のイッタラに行ったら(ダジャレ)、日本のイッタラの店員さんもすごく感じよかった

まんまとイッタラファンになり、しばらくは赤い丸に黒字や白字のロゴがすべてイッタラのロゴに見えるという病気にかかった

f:id:takki_bear:20170415102045j:image

 

イッタラ楽しんだあとはまたロバニエミマーケットに行き、夕飯にオリーブとか生ハムとかビールとか買って帰って酒盛りをした

f:id:takki_bear:20170415102452j:image

 

そして寝た

 

明日はいよいよ帰国