デミオに乗った話

都内だけど割と田舎に住んでいるのにクルマをもっていない我々

 

クルマあったら便利だけど毎日乗るわけでもないし、安いものでもないので懸案事項となっていた

 

 

そんな折、先日思い立って旦那と一緒にカーシェアリングの会員登録をしてやった

受付をしてくれたタイ●ズのお兄ちゃんは欧米人みたいな顔をした日本人で、マニュアル通りの時は如才ないシュッとした慇懃な対応だったが、「何かご不明点やご質問はございますか」と言うので「今日の今日とかで予約取れますかねぇ?」と聞いたところ急に学生みたいになっちゃって「そぉぉぉっすねぇー!最近全国的にめっちゃ会員様が増えてるのでなかなか予約できない地域も多いみたいなんすよねぇー!」とか言っちゃって噴いた。

若いのう。

 

で試しにアプリで予約状況を確認してみたところ、最寄り駅そばのタ●ムズでアッサリ借りられたので、とりあえず2時間予約。

指定した時間にタイム●に行き、カードをリーダーにかざすとドアが解錠される。

ダッシュボードにカギが隠されておりそれを取り出してエンジンをかけ…

 

f:id:takki_bear:20170614074329j:image

カギが入らない

 

 

なんかカギの方があきらかにずんぐりむっくりしている

 

想定外の事態に弱いタイプなのですぐヘルプセンターみたいなとこに電話をかける私

 

ヘルプセンターにつながった瞬間くらいに旦那が「キーホルダーの中に別のカギがっ!!!」と世紀の発見

 

 

ヘルプセンターと話し始めてしまってた私は、「カギが合わないみたいで困ってて〜。え、キーホルダーの中ですか?あー!わかりましたー!ありがとうございます!」とかいって、言われてはじめて気付きましたみたいな無駄な演技をして電話を切りました。

 

まあその後は途中でゲリラ豪雨に遭って初心者とペーパードライバーというションボリメンツの我々は死を覚悟したりしたものの全体として順調に楽しくドライブをして時間ギリギリに返却できた。

 

楽しかったし便利なので、運転の練習を兼ねてちょいちょい使っていこうと思います。

 

今回はマツダデミオでした。

f:id:takki_bear:20170614074912j:image