アタマを占拠する話

相変わらずレミゼラブルボケしているものの、やっと少し熱狂はおさまり冷静になってきました

時代の大きなうねりの中で電撃的に出会った2人が結婚し、やっとおだやかな幸せを手に入れるような

 

そうコゼットとマリウスのように

 

発狂から冷静になってきたきっかけはこち

f:id:takki_bear:20170704190213j:image

そうジャンバルジャンを絵に描いてみたのだ

アルフィーボーの優しい顔がある程度表現できたのではないかと

 

なぜ絵を描くと落ち着くのかは全くメカニズムが不明ですが確かに落ち着いてきた

 

ちなみにエポニーヌも描いた

f:id:takki_bear:20170704190451j:image

サマンサバークス

女の子むずい

 

ほんとはコゼットも描いたのだが、私はノートに鉛筆で下絵を描いてペンでなぞって消しゴムをかけた時点でコンビニに行って何枚かコピーをとり、ぬり絵みたいに何種類か色ぬりを楽しむということをするのだが、コゼットも一緒にコピーしたのにカバンに入ってなかった

 

コンビニに忘れてきたらしい

 

やーだー恥ずかしい

 

取りに行くのはもっと恥ずかしいから放置するしかない

 

ほんとはアンジョルラスとかジャベールも描きたいけど銃とか制服とかがムズイ

 

 

なんて話を会社で昼ごはんを食べているときに、レミゼラブル好きでもあるOみや大先輩にしていたら、大先輩はこのように言われたのである

 

大先輩「レミゼラブルでアタマがいっぱいのようね!」

f:id:takki_bear:20170704192652j:image

※イラストは大先輩の魅力的なくちびるをメインに据えてみました

 

カブト虫?!?!となった私は事情を聞いてみたのだが、家の中に虫が好きな人は誰もおらず、なんなら自分も虫は大嫌いなのだが、息子2人が虫を見てヒンッとなるような軟弱者になってはいけないわ!!!という使命感により知り合いからカブト虫のつがいを譲り受けたという

 

土を入れたりエサを入れてやったりしているうちになかなか愛着が湧いてきたという

 

しかし夫を含めた家内の男たちはカブト虫に対して淡白な反応で大先輩ただひとりがカブト虫に夢中なのだという

 

しかし大先輩はもともと虫嫌いなのでカブト虫が触れない

 

エサのゼリーが減っているから替えてやりたくても本人たちがいない隙を見計らわないと替えてやれない

 

本人たちがひっくり返っていて、起こしてやらないと死んでしまう!!と思っても自分は起こしてやれないから旦那をつかまえて起こしてやるよう依頼するしかない

f:id:takki_bear:20170704193508j:image

こんなに愛されてカブト虫たちも幸せです

 

ちなみに上の子が名付けたというカブト虫の名前は、

オスが「ぞう」でメスが「ペンギン」だそうです

 

 

じわる