友達の結婚式が楽しみな話

今日は友達の結婚式。バンド仲間Nつの結婚披露宴。

9時頃の電車に乗ればよいので8時頃起きればよいのだが今6時前。準備は昨夜のうちにもうできておる。

なんだか楽しみで早く起きてしもうた。

自分が2017年1月に結婚パーティして以来、知り合いの結婚式って無かったんだよなぁ〜。今年は10月にもう一個あるけど結婚ラッシュの終焉を感ずる。

 

今日は披露宴の余興とかエンドムービーとかミニスピーチとかいろいろやる予定。エンドムービーはもう納品済みだが無事に流れるかなんだかキンチョーする。

 

しかし臨月なのでまずは無事に参加して帰って来ることが第一義的ミッション。いま妊娠37週5日目で妊娠10ヶ月。

40週まで産まれない人もいれば36週で産まれちゃった人もおるらしく、「人による」としか言えないようですなぁ。

昨日検診に行って内診があり、何かが「2〜3センチかな」と言われたのだが産婦人科医が早口で何が2〜3センチなのか聞き取れずだったのだがたぶん子宮口。

産婦人科医早口だけど聞き取れなかったら聞き返せば全然再度教えてくれるのだが、内診のあとすぐ陣痛や破水が来たらこのようにするように という話に入り、私がそっちに興味津々になってしまい聞き返すの忘れた。あといつもは土曜日に検診なのだが今日が結婚式だから昨日検診にした関係で旦那が一緒じゃなかったのでこちら側の耳が2個しかなかったというのも要因。

陣痛や破水が来た場合はどうすればよいかというと、初産なので陣痛が10分間隔になるか破水があったら病院に連絡するよーにとのこと。

「その時に入院準備品を持って来院すればいーんですか?」と聞いたら「そのへんもろもろ、事前に説明してもその時になるとみんな慌てちゃうから、その時の電話で指示するからとにかく電話して」とそっけなく言われてハーイとなる。

 

このかかりつけの産婦人科医はたぶんめっちゃ良い人なのだがとにかく早口でそっけないので人によっては冷たく感じそう。

早口でそっけないけど沖縄なまりだし質問したりすると丁寧に説明してくれるので私と旦那は割と気に入っているけど基本的にはそっけない。

 

この間も、「立会い出産って旦那はアタマ側に立つんですか?マタ側に立つんですか?(マタ側だったらイヤだから立会い出産したくないの意)」と質問したら、「アタマ側でしょーよそりゃ。どーしてもマタ側がいいならマタ側にもできるけどアタマ側でしょーよ」とそっけなく言われてハーイとなった。

という話をマタニティスイミングで会った同じ病院で産む初産婦の人に言ったら、

「ああっ分かります!私は何回か自分だけで検診受けたあと、旦那と一緒に検診に来ていいか一応聞いてみたら、『そりゃ一緒に来ていいに決まってんでしょーよ』って言われてハーイてなりましたーー!そりゃそうなんですけどー!」と言っていた。

言ってるさまが想像つくしだいたいそっけない。でも良い人。

 

良い人だなぁと思う点としては、深夜に私が腹痛を感じて慌てふためいて電話したところすぐ来院するように言われて旦那と一緒に来院し、いろいろ検査して結果としてはたぶん便秘痛だったみたいな時も、私が「お騒がせしてスイマセン…」と言ったら、

「そんなこと言ったって自分では判断できるわけないんだからしょうがないでしょーよ。電話してきて来院してって言うと『行かなきゃダメですか?』て言う人がたまにいるけどよく分からない。不安だから大丈夫って言ってもらって安心したいのは分かるけど、検査もしないで電話だけでテキトーなこと言えるわけないでしょーよ。不安なことあったら電話して来院して」

とそっけなく言われたものである。

だいぶそっけないけど要するに「いつでも電話してきて良い」と言っているわけで、深夜の2時に便秘痛で大騒ぎして来院したお騒がせ妊婦にもそのように言ってもらえて私は安堵したわけである。

あとは例えばここの産婦人科では無痛分娩を推奨しているわけだが、無痛分娩のメリットもデメリットもちゃんと説明してくれたりとか、そもそも検診が完全予約制で緊急分娩とかのトラブルがない限り待ち時間が5分も無いとか、検診のエコー検査でうちの腹の子がかたくなに顔を隠しているのをなんとか顔が見えないか粘ってくれたり(だいたい全然見えないけど)するとか、内診が痛くないとか、もろもろ総合して信頼できるなぁと思う次第。

 

だいぶ長くなったがその信頼に足る産婦人科医が何かが2〜3センチだと言っていたけど別に今日明日何がどうなると言っていたわけじゃないから多分大丈夫だと思う という事。

今日の結婚式が終わったらできるだけ遠出はやめとこかな〜と思う所存である。何かあったら病院まで自力(タクシーとか)で1時間以内でたどり着けるところでウロチョロしよーと思います。

 

なので今日は産前最後の都心ということでそういう意味でも楽しみたい。

Nつは昨日の深夜まで準備に追われていたらしいがどうにかなったっぽい。

 

楽しみ!