不意を突かれる話

朝旦那を送り出して、ちょっと腹が張ったのとのんびりしたかったのでソファで横になっていたら、ピンポーンと呼び鈴が鳴った。

出てみると謎の制服を着たおじさんがいて、市から来た人だという。

 

ハッッ!!と思い出したのが今朝が予約しといた粗大ゴミの回収日であった。

というか正確には昨日の夜にもハッッ!!としていて、旦那に頼んでスーパーで粗大ゴミチケットを買ってきてもらっていたのに、帰宅した旦那からそれを預かるのを忘れ、たぶんそのままサイフに入れて会社に行ってしまったであろうということまで含めてハッッ!!とした。

ダメ元でおじさんに、現金じゃアカンですかと聞くと、気の毒そうな顔をしてそれだとアカンくてキャンセルになっちゃいますという。

仕方ないのでチケットを買いに近所のコンビニまで行くことにした。

 

近所のと言っても本当に近所にあったコンビニがつぶれて以来、近いは近いが坂の上にあるコンビニまで行かねばならず、チャリンコ回避してる我にとってはなかなかの距離。そして暑い。

と言っててもしょうがないのでテキトーに着替えて出発。心を無にして歩きコンビニに到着。

粗大ゴミチケットを千円分買ったところ、なんかクジを引けというので引いたところなんか当たった。

f:id:takki_bear:20180710102203j:image

へへ…ラッキィ…

 

帰りも心を無にして急ぎ足で戻り、待ちぼうけだったおじさんにチケットを渡して事なきを得た。

 

今回出したのは旦那の書斎を作る際にゴミとなった、元々窓に付いてたブラインド。

ブラインドをレールごと外し、カーテンレールを付けて、旦那の気にいるカーテンを付けたのである。

あとは何だか昔から家にあるぶっ壊れたエレキベースをゴミに出したい…けどなんかついでが出てからでいいかなぁとも…粗大ゴミ予約すると半月後くらいになるし、モノが追加になるとキャンセル扱いからの予約取り直しになるので萎える。車で運んだ方がいいのかな??

 

今日は午後から近所のプレママ講習的なやつに行くけど暑くて暑くて死にそうだ!