料理本を読む話

だいぶ前になりますがこの本を読んでいたのです。

この本はたいへんめっけもんで、これを読む前はご飯作る時にクックパッド見ないと料理できなかったのに、これを読んだ後は何も見ずにできるようになったし、何より料理が楽しくなりました。すげー本だよこりゃあー。
なんつーか、全くレシピ見ないわけでは全然なくて、たとえば餃子とかハンバーグとかそういう、「名前のある」料理はレシピ見るけど、毎日の夕ご飯やお弁当の「名前のない」料理はレシピ見ずにできるようになった感じ。楽しいんですよ。

で、今度は常備菜のレパートリーを増やしたく、同じ筆者の本を買ってみたのである。

最近流行りのつくりおきレシピ本とは違って、冷蔵庫がうまく回るようになりそーというか、下ごしらえがうまくなりそーな感じ。
さっそく野菜を塩もみにしたり焼きジャケを余らせて鮭フレークにしてみたりした。楽しい&おいしい。
カブの甘酢漬けはなんか失敗して、甘くもないし酸っぱくもない謎の漬物になってもうたけど。そういう失敗もたのしーよね。


職場復帰してからもできるかどうかわかんないけど、とりあえず続けてみよー。