閉じ忘れる話

ムスメがキュートな点は山ほどあるわけだが、その中の一つに寝る前に目を閉じ忘れるというキュートなやつがあり。
おっぱい飲んで寝たかなと思って私も寝ようと寝る準備して戻ると、暗闇の中でムスメがまんじりともせず起きている時がある。

もう本人は完全に寝てるつもりで目を閉じるのを忘れてる感じ。そんなことあるんか人間って。

こういう時は眉間をそっとさわったり眉毛を撫でたり、ティッシュでやさしく上から下に撫でたりすると目を閉じると聞いたのでそれらを実行すると面白いように目が閉じて本格的なおやすみモードになるのでした。
かわいいなーほんまに。
かわいいかわいい言いすぎて「私の名前はカワイイちゃん」と認識しやしないかと思うほどかわいい。

そのカワイイちゃんがたまに咳をするのが気になるのでこのあと小児科を予約したので行く。何かあるとすぐ受診する派。ウザがられるやーつ。
産婦人科でもめんどくさかったみたいで「頻回受診の◯◯さん」なんてからかわれたやーつ。あんまり気にしない。ましてやカワイイちゃんのカラダのことですけんね!おばさん本人なら多少ガマンするけど!あんまガマン強くないけど!