気を遣われる話

最近ムスメがたまにこちらの顔を見て笑うようになってきてキュートすぎてけしからんわけだが。
特に朝は機嫌が良くて出社前の旦那があやすとニコニコと笑うので、「あらあら〜お父さんのこと好きなのかな〜〜」なんて言ってたら、旦那はムスメが私には笑いかけてくれないと思ったらしく、ムスメに向かって

と言い聞かせていて狼狽した。
昼間は私にも…笑いかけてくれてるから…多分…大丈夫だから…。
ファンサービスみたいなもんですな。もっとファンサービスしてほしい。

さて今日はムスメのベビーカーの練習を兼ねて、地元駅前の児童館まで行くことを決意。
児童館で月1でベビーマッサージの教室があるらしいのだが、応募者が多いと抽選になっちゃうらしい。で、その応募が実際に児童館まで行って申込書を書かないといけないというのでおっくうながら行くことにしたのである。

装備はこちら。

さっそくベビーカーにアクセサリを追加した。カバンかけるフックと雨避けカバーと傘アームとこの前作った命綱。
傘アームがちょっとなー。これに傘をさして付けると雨が降っててもハンドフリーでベビーカーを押せるという商品なのだが、角度や高さをちゃんと調節しなかったせいもあるけどなかなか使いづらいね。高さの調節が、上半分をひねって緩めないとできないのだが、そうなると傘をつけた状態だとひねれないから一度傘を外さないといけない。めんどくさ!
こういう商品とかインターフェースを見ると、作った人はこれ実際に使ってないんだろうなーと思ってしまう。
かといって傘さして片手で押すのはなかなかしんどいしなぁ。雨の日はベビーカーしんどいかなぁ。

屋外で初めてベビーカー押したけど、けっこうちょっとした段差にもひっかかるねぇ。2センチくらいの段差だとアカン。アカンというか足を掛けてグリッとウイリーしないと上がれない。
エアバギーとか車輪のでかいやつはいいんだろうけどなー。

児童館は地元の手芸屋のすぐそばにあるのだが、この手芸屋は以前裁縫教室でビミョーな目にあったこともあり、また最近ムスメを連れてったら名前を聞かれたから言ったらシワシワネームだ的なことを言われておかんむりになったこともあり、ちょっと足が遠のいておる。品揃えは良いんだけどねぇ。

で児童館、最初はモジモジしたけど近所に住んでて子供の月齢が近くてタメ年でメガネの趣味が近いお母さんと知り合えて、いろいろしゃべってるうちに2時間くらい経ってて驚いた。楽しかったみたい。ムスメのおっぱいの目安時間が過ぎてたのでムスメすまんという気持ち。
うちの地元の市には児童館が10個くらいあり車でなら全部行けるので、いろいろ行ってみてもいいかもなぁと思ったのであった。いろんな講習とかあって楽しそう。

ムスメのおかげで今まで知り合えなかった人と知り合えて感謝ですなぁ。