とかげのたからもの

バンドが趣味の育児中会社員です。音楽鑑賞とジョジョとレミゼラブルが好きです。

のびしろの話

相変わらずCreepy Nutsが少し好きでちょいちょい聴いてる。歌詞がだいたい聞き取れないので気に入った曲があるとSpotifyで歌詞を見て楽しむみたいな感じでやっておる。

そのなかで「のびしろ」という曲があって、歌詞見たらなんか良いんよね〜。ほどよくこなれてきた社会人の応援歌って感じなので、とりあえず引用。

 

サボり方とか 甘え方とか

逃げ方とか 言い訳のし方とか
やっと覚えて来た 身につけて来た

柔らかい頭

 

カッコのつけ方 調子のこき方

腹の据え方 良い年のこき方
脂乗りに乗った 濁った目した

だらしない身体

 

嫌われ方や 慕われ方や 叱り方とか

綺麗なぶつかり方
もっと覚えたい事が山のようにある…

のびしろしか無いわ
俺らまだのびしろしかないわ

→分かってきたことと、まだよく分かんないことが列記されてて面白いよね。のびしろ「しかない」と言いつつ、これまでお前らよく頑張ってきたね、って感じがあったかくて好き。

 

カマすとこカマす
まかすとこまかす
割と適当な段取りで

→「カマすとこカマす」と「まかすとこまかす」がうまいな!!と思った。かましつつ任す、ってのがなんか大人のサラリーマンって感じよね。良き!

 

やっと分かって来たかも
このポンコツの操縦の仕方を

→これは私と他の人で感じ方違うんかもなぁ。私はほんと年々こういう感じよ…ずっと自分のこと、なんておバカさんなのかって思ってたけど、なんか折に触れて、私のこういうところが素晴らしいみたいに言ってくれるキーマンが現れて、それらの人たちが人生のターニングポイントを与えてくれるんよな。そしてそれを信じてやってるうちに、だんだん自分の良いところが見えてきて、ダメなところもクリアになってきて「操縦の仕方」が分かってきたかも、って感じ。ほんとありがたいことだなって。キーマンいなかったらずっと自分のことうすらぼんやりダメな奴って思ってたかもね。

 

隅田川にかかる
勝鬨橋を渡る
左手にスカイツリー
右手に東京タワー
俺はその真ん中

→これはなんか急に景色が浮かぶ感じで素敵だなって思った。夜〜深夜、スカイツリーも東京タワーも見えるポイントな。前は秋葉原でずっとバンドのスタジオ入ってて、秋葉原からだと両方見えたんよなー。ある時その間に花火まで見えて、バンドメンバーとワイキャイした記憶。そんな思い出が蘇るような良い歌詞。「俺はその真ん中」が良いよね。

 

でも時にしたって良い背伸び
やっと「大人気ない」が出来る年 

→大人になって初めて「大人気ない」ができるってなんか良いね。なんか怒髪天の大人のススメを思い出す。「人生を背負って大ハシャギ〜♪」ってやつ。

 

引用したとこ以外も刺さるとこたくさんあった。なんかラップだと同じ尺の中に普通の歌の3倍くらい文字詰め込めていいね。まあ聞き取れてないけど私。