映画「こんな夜更けにバナナかよ」の話

金曜ロードショーを録りっぱなしにしてて、容量を空けるために期待せずにながら見をしたのだが、予想以上に良かった。

 

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

大泉洋が良すぎる。なんか大泉洋大泉洋にしかできない役が多すぎるね。高畑充希の透明感や三浦春馬の悩める青年ぶりも良かった。高畑充希が最初全然ボランティアする気がなかったというのもとても良かったね。

最初は大泉洋に大変腹立つしイラつくんだけど、割とすぐに好きになってしまうのがすごかった。高畑充希が視聴者と同じ心の動きで大泉洋のことを好きになっていくのが面白い。三浦春馬が一見恵まれたおぼっちゃんなのに内心葛藤が絶えなくて、それを大泉洋が軽くするというのも良かった。ベテランボランティアの面々が、主人公のこと「鹿野〜」と呼び親しくしてるのがとても印象的。一方的な献身では無いんだよねぇ。

 

学生の時、ボランティアに行くと言う友達にくっついて行って、同じような在宅介助に行ったことがある。相手は言葉が不明瞭で何言ってるか分からなくて困惑したけど、目の優しいおじいちゃんだった。親子丼を作って、と言われたけど当時の私は親子丼をどうやって作るのか知らなくて、一緒に行った友達が作るのを黙って見てた。友達は「ボランティア」というのはもっとキラキラしたものだと思ってたみたいで、だいぶショックを受けていた。その気持ちは少し私も分かった。友達が次回からは行かないと決めてそれを本人に言ったところ、悲しそうな顔をしていたけど頷いてくれて、それがなんだか申し訳ないような気持ちになった。

 

という私のしょうもない思い出が掘り起こされた。親子丼くらい作れるようになってよかったな自分。

介助ボランティアってほんとすごい大変だと思う。献身的な気持ちだけでやってる人はそんなにいないんじゃないかなと思う。自分の成長のためとかそういうキラキラしたのがあればいいんだけどさ。

 

障害者について、この映画の原作の作者のインタビューを読んですごい納得した。

インタビュー記事

「障害者」と区分けするべきでなく、すべての人がグラデーションというか、こういう面は弱いとか強いとかあるよねぇ。会社のLGBT研修でも同じようなことを聞いてすごく納得した。私も別にことさら性意識とか恋愛対象とかで悩んだことはなかったけど、髪はショートカットが好きだしスカートよりはパンツスタイルの方が好きだし、それを「女はロングヘアにしてスカートを履け」って言われたらすごいヤダもんなーと思った。

でも理論上は分かったけど、自分の子どもらが大きな障害を持たずに生きていけたらいいな、と思ってしまうのも本当。この映画の主人公も12歳で筋ジストロフィーと診断されるまでは「健常者」だった。母親が無理心中しようとしたみたいな描写もあったけど、親御さんはすごく辛い思いをしただろうな、と思う。

それでも自分の障害を受け入れて、ボランティアと対等にやり合って楽しく生きた主人公はすごいなって思う。でもみんながみんなそうではないだろうし。少しでも多くの人が自由に楽しく生きていける社会を作るのが大事なんだと思った。

 

良い映画でした。原作買った。

慌てふためいた話

昨日はニコの予防接種のため病院へ。

予防接種じたいはスムーズに進み、医者も看護師も優しくて、ニコは多少泣くけどすぐ泣き止んだ。すぐ泣き止みすぎて逆に大丈夫か…?と心配になるなどしたが、それも含めてスムーズに完了。

それはいいけど受付の際、ニコの保険証がナイ。とりあえず次回持ってくれば良いと言ってくれて今回は事なきを得たが、いつも入れてる母子手帳ケースに無いというのが謎だった。

 

家に帰ってさっそく捜索開始。まずは魔窟になっていた母子手帳ケースを整理したが出てこず。

おかしい…。ニコの身分証明をする機会なんてまだそうそう無いのに。

前回の予防接種の時、5月21日の時点では保険証はあったから1ヶ月の間に姿を消したことになる。

 

考えてみると市役所からマイナンバー絡みのお知らせが来て一度市役所に行ったなぁとか、ニコの銀行口座を作るために銀行に行ったなぁとか、この1ヶ月の自分の歩みが思い出される。マイナンバーのお知らせの封筒に入れて捨てちゃったかな?とか思ってゴミ箱を漁ってみたりしたが釣果なし。警察のホームページで保険証の落とし物を探してみたが、1件該当したけど場所が全然違うので当てはまらず。ていうか保険証の落とし物は本人に連絡してやればいいのに!

 

とかやっててふと思い出したのが、口座作りに銀行に行ったけど2時間待ちと言われてイヤになり、郵送での口座開設に切り替えたのであった。いろんな書類を揃えて同封する際に、ニコの身分証明書として保険証のコピーを取った。

 

それー!とばかりに2階の自室の複合機に飛んでいきコピー機の面を確認したら、果たしてそこにはニコの保険証がちんまり鎮座していたのだった。よかった!!

 

紛失に気づいてから見つけるまで1時間半かかった。1時間半、保険証探すことしかしなかった。見つかって良かったです。

大人の勉強案内の話

コーチング講習うけるかどうか考えていた時に出たブルータス。

BRUTUS(ブルータス) 2021年 7月1日号 No.941 [大人の勉強案内] [雑誌]

大人の勉強案内。

リベラルアーツ的な教養特集。いろんな人の学び方についてインタビューされていて面白かった。紹介されていた本を図書館で予約したり古本で買ったりしてみた。読むの楽しみ!

このブルータスに最後の後押しをされてコーチング講習の受講を決意できたのであった。人生ずっと勉強の連続ですな。。

コーチングの話

コーチング講習を受けることに決めて今日1回目。講師とマンツーマンなのでいいね。質問もしやすいし演習も講師とペアになるからわかりやすいし。

子どもらと風呂に入って寝かしつけてからの受講なのでスッピンだというのが弱点やね。講師はちゃんとメイクしておった。かといって風呂の後にメイクなんてしたくないしなー。まあいいか…。

1回目でもかなり気づきがたくさんあって面白い。実践したいもんだなー。

また本を読む話

図書館で借りた本を読破。

 

女の子はどう生きるか/上野千鶴子

f:id:takki_bear:20210617141345j:image

上野千鶴子氏の東大入学式の祝辞を文字起こしされた文章を読んでグッと来て以来、ジェンダー学に興味がある。この本は岩波ジュニア新書という学生向けの新書なので読みやすく、思うところたくさんあった。以下2点が特にグッと来た。

 

女の子の育て方はかんたん。その子が最初から持っている自分からはばたこうとする力を、妨げないことです。

ホントそれなー。と思った。アレコレ余計なことをする前に、本人の持つ力を信じることなんだろなって思う。そしてこれは男女関係なく育児全体に言えること。

 

フェミニズムは弱者が強者になりたい思想じゃない、弱者が弱者のまま尊重されることを求める思想

先述の東大入学式の祝辞にグッと来たのもこういうところ。女がどうこうというより、社会的弱者に寄り添う姿勢なんだなーと思った。

 

自分はこれまで、女だから損したと思うことはほとんどなかったけど、でももしもっとアタマが良くて医大を目指してたとして、入試で点を引かれて何年も浪人したとしたら社会を恨むと思う。それが自分の娘だったら学長を殺しに行くね。こんなことがまかり通っていいのかと思う。

娘を2人持つ身として、娘たちが自由に楽しく健やかに生きていけるようにしたいしそういう社会を作るために何かしたいと思う。とりあえず今は「一隅を照らす」の考え方で、家庭の中を居心地の良い空間にしたいと思う。ささやかやな〜。

この本よかったな。買おうかな。

本を読む話

ちょこちょこ本を読んでるので感想。

 

ケーキの切れない非行少年たち/宮口幸治

f:id:takki_bear:20210616145038j:image

掛かってたカバーが↓なのだが、

f:id:takki_bear:20210616145108j:image

3等分せよと言われて↑こういう図を描いてしまう非行少年たちがたくさんいるらしい。こういう「できて当たり前のことができない」生きづらさは、私も程度は違えどよく分かる。他人事じゃない感覚を持って読めた。文章も分かりやすく説得力があった。最後の方には、受刑者1人に年間約300万円かかってて、その受刑者を健全な納税者にできたならば年間約100万円を納税するようになり、その経済効果は年間約400万円、と効果についてもわかりやすい。勉強や対人関係につまづく子どもたち・若者への具体的な支援方法まで書かれてて、なんか日本は良くなるのではないかと思ってしまうような本だった。

 

海苔と卵と朝めし/向田邦子
f:id:takki_bear:20210616145043j:image

日経の日曜版で紹介されていたので期待感を持って購入した、食に関するエッセイ本。期待が大きかったためか、なんか思ったほどではなかった。なんというかちょっとクセが強くて、いいなぁ〜とかほっこりする場面が無くて、かといって「いるいるこういう人!」という感じも時代があいているせいかあまり無く、戦後のシビアな高給取り女性の生活を垣間見た、という感じだった。とはいえ教科書に載っていたような有名なエッセイも収録されていて、食べ物ひとつでここまで話を展開できるのか、と感心することしきりだった。

 

 

そんな感じです。

なんかよく分からない夜の話

昨日は旦那が出社だったので1人でイチコニコをお風呂に入れて寝かしつけ。最近ひとりで服を着れるようになったイチコのおかげで下記運用。

①ニコを部屋に置いて私とイチコで風呂

②風呂から上がり、私はざっくり体を拭いて全裸のままでイチコの頭と体を拭いて、イチコの体にクリームを塗るだけ塗る

③泣きわめくニコの服をひんむいて風呂の準備、イチコは自分で夜用オムツと着たいパジャマを出してくる

④ニコと一緒に風呂に入りつつ、イチコが服を着るのを風呂から見る

⑤ニコを風呂からあげてタオルで包んで自分がまず服を着て化粧水などつける この頃にはイチコはもう服を着ていてドヤ顔

⑥ニコの保湿などして服を着せる

 

なのだが、イチコと風呂に入ろうとしたらお湯はりミスってて空っぽの湯船の前で立ち尽くす全裸の女子2人。一度出直そうかと思ったけどイチコが今すぐ入りたいと言うので風呂を張りつつ湯船に入る。案外すぐお湯が溜まってきてなかなか楽しむ。

イチコ、なかなか上手に服を着るようになって助かる。服の前後を間違えやすいけどユニクロの服だと目立つところにタグがありそれを「白いピロピロが左側」と教えるとだいたい正解するようになってきた。

風呂上がってからも、本腰を入れて牛乳を飲みたいイチコvs自分の髪が傷むから早くアタマを乾かしたい私vs寝落ちしそうなニコ という三巴が展開されてなかなか大変。髪乾かしながらイチコの牛乳のおかわりをついでやりながら寝落ちしそうなニコをつついて意識を保たせる みたいな感じ。自分の髪が多くて乾かすのに時間がかかるから、夜洗わずに朝シャンにしてみた時期もあったけど、夏になると汗かきすぎて夜中に頭皮がかゆくなったりしてダメだった。

 

なんてことしつつもわりあいスムーズにイチコもニコも入眠させ、自分もイチコの寝かしつけ中に計画的寝落ち。そして深夜にニコが乳を欲しがって泣くので起きたらスマホに旦那からこんなラインが。

f:id:takki_bear:20210615040234j:image

トイレにクワガタいたらしい。意味わからなすぎてこうなった。

f:id:takki_bear:20210615040305j:image

私が発見したらGだと思って殲滅してたかもな。てかなになの?クワガタいつから?どこから?あなたの風邪はどこから?

 

そしてニコに乳をやって寝たら東京事変のギターの浮雲とバンドを組んでる夢を見た。メンバーが「あの人ギターはいいけど服がちょっと…」とか言うのを「あれはあれで考えがあってやってるんだからさ!」とかなだめる夢。謎すぎ。浮雲の私服知らんけどかっこいいだろきっと…。

 

謎すぎる午前4時。