小林賢太郎の話

ラーメンズ小林賢太郎が過去のコントでホロコーストのことを題材にしていて国際問題になりそうになりオリンピック開会式のショーディレクターを解任された、というショッキングな知らせを聞いた。

聞いて、自分でもびっくりするくらいしょげた。

問題のコントの映像も見た。たしかにダメだった。でもホロコーストを肯定しているわけでは全然ないし、むしろそれを肯定する頭おかしい人、という役柄設定だった。ただ、ホロコーストをお笑いに取り入れること自体がまずかったんだろう。最近「新・映像の世紀」でホロコーストの凄惨な映像を見たばかりだったし、それはすごく分かる。ユダヤ人の組合みたいなところに即知れてしまったとのことで解任はやむなしだし、そのこと自体はもう仕方ない。

今回のことについて、作家の岸田奈美さんがnoteに書いてて納得しかなかったのでリンクを貼っておく。

岸田奈美さんのnote

要約すると、コバケンだけが悪いんじゃない、ファンのうちらにも責任がある、みたいなこと。そうなのかもしれないね。

 

でも今回、自分がラーメンズとかコバケンのことこんなに好きだったんだなぁと再認識した。

思えば中学生の頃、近所のBOM!という謎のレンタルビデオ屋でお笑いのビデオ借りてたらその中にラーメンズが混じってて、その独特の世界観にエッ何これ…となり、BOMにあるビデオを順番に借りて見た。BOMがTSUTAYAになりVHSがDVDになってからも、同じタイトルを二度三度借りて見た。すごく笑えるんだけどなんだか美しいというか感動しちゃうんよね。

記憶が朧げだけどコバケンのソロツアーを友達と観に行った。個人的にはラーメンズのほうが笑えたけど、ついにラーメンズのコバケンの舞台を観たぞ〜という高揚感があった。ラーメンズもいつか観に行きたいと思ってたけどそれは叶わず。

コバケンが椎名林檎のMVに出たり、いろんな形で舞台をやったりしてるのは知ってたけどそんなに追っかけてはおらんかった。そういう意味では全然ファンでは無かったんだな。

なんというか、「私が追っかけてファンをやらなくても自然と天下を取る人」という認識だった。旦那に話して「分からん」と言われた比喩をこれから言うけど、例えばロック音楽が好きだとして、ミッシェルが好き!ピロウズが好き!CD買う!ツアー行く!っていうのはファンで、そのファンの投げ銭でアーティストは生活していくけど、もし「ギター」が好きでギターを弾いている人がいて、ギターを眺めてうっとりしたりギターに添い寝したりはしないよねっていう。弾こうが弾くまいが、弾き手がうまくなろうがなるまいが、ギターは存在としてそこにいて、弾き手を待っているという。なんだこれ。伝わらないか。

 

とにかくコバケンはすげーと思ってて、サブカルとかアングラとかの言葉を知る前からラーメンズはそこにいて、もっとみんなに知ってほしいと思ってた。小林賢太郎と言うと料理研究家と間違われたりしたことあるけど、世間の全ての人とはいかなくても、だいたいの人が名前を知ってるような状態になればいいのにって思ってた。

 

からの今回、オリンピックの開会式という晴れの舞台でコバケンの名前を聞き、コバケンならきっと世界を驚かす面白い演出を考えてくれるだろうし、オリンピックあんまり興味なかったけど絶対開会式は観ようと思ったし、きっと日本中の人が「何あの開会式!すごかった!仕掛けたの誰?小林賢太郎ってなに?」つってYouTubeラーメンズ公式チャンネルのアーカイブを大挙して観に行って、今さらながらラーメンズすごい面白いな、って人が増える、ってなると思った。私も久しぶりにラーメンズの映像観て、やっぱ面白い!つってKぬやMりに勧めてみたりした。っていうかサブカル女子のKぬやMりがラーメンズあんま知らんというのをここで知り衝撃を受けるなどした。別で育児LINEしてたTちやはコバケン好きってことで開会式楽しみだよね〜なんて話をしていた。

 

からのコーネリアスが炎上し楽曲変更、なんかいろいろ思うところあったのだが、個人的には「コバケンの足引っ張るなよな〜」という感想も持った。でもまだ開会式まで4日あったので、コバケンなら4日あればリカバリーできるだろーな。と思ってた。

 

からの、今回の解任劇。上記のTちやのLINEで知って目玉が飛び出たわ。え…開会式前日ですけど…て思った。問題のコントの映像もTwitterで回ってきたから見たけど、こりゃダメだ国際問題になる、でも意図としてホロコーストを肯定したりは全くしてないしむしろその逆だ、でもその主張は通じないだろう、と思った。

 

そしてコバケンのコメント。

f:id:takki_bear:20210723062736j:image

シンプルで潔い良いコメントだなって思ったけど、なんか泣きそうになった。

これでこれまで小林賢太郎ラーメンズを知らなかった人たちには「なんかヤバい芸人上がりの文化人気取り」みたいなレッテルを貼られるだろうし、ラーメンズの動画を観ることもないだろう。元々のファンの中にも離反するひとはいるだろうけど、大部分はそのまま残るとは思うけど…。

何もなければ天下を取る予定だった人がなんでこんなことに…。たしかにあのコントは良くなかった、日本人が思うよりホロコーストアンタッチャブルなものだと思うし、当時からコバケンは謝罪してたらしい。オリンピックに関わらなければこんなことにならなかったのか?

 

コバケンはヤバい人なんかじゃない、作品を観て判断してくれ!って思うけど、私がコーネリアスの音楽をもう聴くことが無いのと同じで、ラーメンズの動画を観て判断する人なんていないだろうなって思う。いたとしても「ヤバい人」のレッテルを貼った状態でお笑いなんて楽しめるわけないから「よくわかんねーな」ってなると思うし。

 

今日の開会式、どうなるんだろ。本当だったら小林賢太郎はどんな開会式を用意していたのか、いつかどんな形でもいいから知りたい。

なんかほんと…悲しい。

 

なんて愚痴をKぬに言ってたら「それはそうといだてんの総集編やってるよ」と教えてもらい、とりあえずテレビをつけたらもう終盤だったのだが名シーンてんこもりで純粋に楽しめて少し元気になった。

いだてんすっごく好きだったけど心ない人からはプロパガンダだって言われたり、ピエール瀧とか徳井とかがやらかしたりしてアレだったけど最後まで観られて良かったなって今は思う。クドカンだって誰かが悪意持って執念深くほじくりかえせばヤバい作品とかもありそうだけど、とりあえず大河は完走できて良かった。

 

今回のコバケンみたいなことがもう起こらないでほしい。過去にやらかしたとしても、何かしら清算して次のチャンスを持てる社会になってほしい。

と言いつつやっぱりコーネリアスのあの記事は不快だし、誰でも何でも謝れば済むってことではないのだけど。。でもコーネリアスだって、爆笑問題の太田が指摘したみたいに、私たちが持ってる情報って20年以上前のあの記事だけで、あれが真実かどうかも分からないし、小山田圭吾が本当は心から後悔していたかもしれないもんな。まあなんとなく他の記事とか見てもそんな感じではないけど…。

 

とりあえず今日の開会式は観ます。

コーネリアスの話

コーネリアス小山田圭吾の炎上騒動について。小山田圭吾のあの記事については音楽好きの中では有名な話というか、私は旦那が事あるごとに、例えばEテレで「デザインあ」が流れるたびに、「小山田圭吾はひでーやつなんだよ、学生時代に障害者とかいじめてたらしい」と言っていたのでその認識はあった。あったけど何とも思ってなかった。コーネリアスフリッパーズギターの音楽が好きというわけでもないというかむしろ苦手なほうだというのもあったし、記事の文章を読んだわけでもなかったから「性格の悪い渋谷系アーティスト」くらいにしか思ってなかった。無関心だった。

 

でオリンピックの開会式にコーネリアスが参画するとなって、旦那が「小山田圭吾ヤバい人なのにオリパラってw」みたいなこと言ってて、私も「ほんまそれw」とか言いつつ、そんだけ才能があるってことなんだろうな〜なんてボンヤリしてる間に、あれよあれよという間に燃え上がって開会式の4日前に辞任騒ぎに。その頃には私も当時のクイックジャパンの記事を読んで、その陰惨な内容に呆れたので辞任も仕方ないでしょ〜と思った。

 

という頃に爆笑問題の太田が小山田圭吾の擁護とも取れる発言をして批判を浴びたというのを聞いて、ちょっと心配していた。私けっこう爆笑問題は好きでラジオもちょいちょい聴いてるし、以前の津久井やまゆり園の事件の時も太田がすごく真っ当なことを言っていたから、その太田があのいじめの内容を容認するなんて思えないし、どうせまた言葉足らずだったり興奮したりして意図が伝わらなかったんだろーな。と思っていた。

ので昨日(2021.7.21)のラジオ「爆笑問題カーボーイ」を楽しみにしていて、イチコが寝てる間のニコの授乳中とかにこそこそ聴いたところ、太田が私が思ってたよりもすごくちゃんと考えてて感心した。

太田が言ってたポイントは↓の感じ。

・記事の中のいじめの内容は陰惨でひどいもので到底容認できるようなものではない

・あのインタビュー記事が雑誌に載り流通し、その雑誌が特に廃刊になったりせず今日まで続いていることそのものが、「あの記事」を容認する時代の空気がどこかにあったという証拠

・自分もみんなもあの時代に生きていて、それを見逃して小山田圭吾の「存在の仕方」を許した責任がある。インタビュー記事のインタビュアーも露悪的な内容を期待してインタビューしていて小山田がそれに乗っかっている部分はあるし、小山田がガキ大将的な存在だったのか、もしくは逆らえないような立場だったのか、それはあの記事からは全く分からない

・インタビューを読んだ一般人が感情をかき立てられて小山田圭吾を攻撃したくなる気持ちは理解するが、報道機関が一般人と同じように騒いでいるように見えるのがおかしい。インタビュー内容の裏を取った報道機関が皆無で、みんなインタビューという「本人の証言」だけを立脚点にして小山田を叩いていることがあやうい

・何千何万という人が1人を叩き潰す図式はそれもいじめと変わらない。10年後20年後に「ネットいじめは恥ずべき行為」というリテラシーが定着した時代の若者が今のこの炎上騒動を見たらどう感じるか

・人を裁いていいのは司法だけ。一般人が一般人を裁くリンチが当たり前になったらこの世は無法地帯になる。小山田圭吾はモンスターだから叩いていい、小山田圭吾をこの世から退場させて終わり、という風潮を感じる

・醜悪なモンスターは自分の心にも潜んでいるし、小山田だけでなく、あらゆる人は未熟で不完全で、残酷さを秘めている

なんかこれを聞いて、自分の中になかった視点がいくつもあったり、ボンヤリ思っていたことが明確化したりした。

自分の中になかった視点は、「人を裁いていいのは司法だけ」というところで、あの記事の裏を取った報道機関が無い(あるのかもしれんけど表立って報道されてない)という点。本人が言ってるんだからそうなんでしょうと思ってたし、真実と違うとしてそれを雑誌に半笑いで語るというのがサイコパスみがあって怖いわ〜と思ってたのだが、もしかしたら逆らえない立場で仕方なく参加したことを後年かっこつけて語ったのかもしれない、という想像力を持つというところが自分に欠けてたなと思った。

 

私が思ってたのは、小山田圭吾をこの世から退場させたとしても障害者いじめを含めたいじめ行為は少しも減らないということ。今回、何十年も前の障害者いじめが話題になっていて、その真相は分からないけども、いま現在だってああいうことが起きているはず。何十年前よりはマシになっているのかもしれないけど絶対ある。むしろひどくなってる側面もあるのかもしれん。今回の騒動をそういうことをみんなで考えるきっかけにすれば当時いじめられていた子たちも浮かばれるんじゃないかと思う。

あと小山田圭吾を攻撃したくなるのはまあ分かるけど、例えば小山田圭吾の息子まで炎上するとか、そういうのは集団心理の暴走というか、本当にただのいじめだと思う。もし仮にこれで小山田圭吾がノイローゼになって自殺したとして、いま小山田圭吾を攻撃し続けてる人はそれでも「因果応報だ」って言えるのかっていう。後味悪すぎだし何の解決にもなってない。

「障害者いじめを公言していた人物がオリパラに関わるのは不適切」という主張は真っ当な気がするけどそれは辞任でもう叶ったのだから、ここからは小山田圭吾がどうこうとかじゃなくて、障害者差別やいじめ問題をどうしていくのがいいのかを話し合うフェーズなんじゃないかと思った。

 

「誰の心にもモンスターはいる」みたいなところが刺さった。

高校の時のキリスト教の授業で習ったけど、なんか悪いことした女に民衆が石をぶつけてる場面に出くわしたキリストが「自分に全く罪が無いと思う人だけがあの人に石を投げなさい」というようなことを言ったところ、1人また1人と人が去っていき、石をぶつける人は誰もいなくなった みたいな話があって、それに近いのかなと思った。

あと全然違うかもだけど、会社のLGBT研修で、LGBTはグラデーションという話があって「あの人はLGBT、オレはフツウ」というような分け方はできなくて、例えば私も性自認は女だし恋愛対象は男だけど、髪はショートカットだしパンツスタイルの方が好き、みたいなのを「女らしくない」と言われるのは違和感、みたいなやつ。そういうのも近いのかなとか思ったり。違うか。

とにかく「あいつはモンスター、オレは正義」と決めつけて攻撃するというのは間違ってるというところ。どんなにあの記事が醜悪だったとしても、そして一人一人がやってることはTwitterにちょこっと書き込むとかその程度だったとしても、それが何万と膨れあがって一人の人間を殺すとしたらそれはやはり犯罪的だってことよな。小山田圭吾が本当にああいう犯罪的なイジメをしていたとして、被害者は一生彼を許すことはないとして、じゃあ小山田圭吾を含めた私たちはどんな社会を作っていけばこれからの被害者を産まずに済むのか?っていう。

津久井やまゆり園の事件の時も、犯人の「障害者は生きていても仕方がない」みたいな歪んだ主張に賛同する人がけっこういて驚いた。驚いたけど、自分の子どもが産まれて産院で検査を受けて、耳は聞こえてます、四肢に異常なし、みたいな結果を聞くたびにホッとしてしまうのは事実。もし日本で障害者がみんな健常者と全く同じように楽しく便利に生きていけるとしたら、ホッとしたりせんと思う。あ〜そうなんだ、ふ〜んくらいのもんだと思う。それがそうならないのは、日本がまだまだ障害者に冷たいのを知っているからなんだと思う。知っていても何もしていない自分おる。

障害者だけじゃないよな〜と思うのは、電車にベビーカーで乗ったらどんな状況でもベビーカー畳めと罵られるとか、コロナ禍で看護師の親を持つ子どもが保育園への登園を拒否されたとか、選択的夫婦別姓が合憲判決になるとか、親から性虐待を受けた子どもが「抵抗しなかったから」という理由で親が無罪になるとか、そういう「想像力の無さ」による世間の冷たい仕打ちをひとつひとつみんなで考えていくことで、みんなの心の中のモンスターを弱体化して飼い慣らすことができるんじゃないかなと思った。

 

爆笑問題のラジオがどこまで波及性があるのかわかんないけど、あのラジオがなにか一石を投じられればいいなと思った。

お食い初めの話

ニコのお食い初め兼イチコの誕生日会兼わたしの誕生日会ってことで、地元随一の料亭にランチを予約。イチコの体調が心配だったがなんとか敢行。

行きがけにベビザラスに寄ってイチコの誕生日プレゼントを選んでもらうことに。

数日前から欲しいものについてヒアリングしていたものの聞くたびに答えが違ったが、おおむね「ピルケア(=プリキュア)かアリエル(=ディズニープリンセス)のおにんぎょう」あたりを希望していたのでそのへんかなと思っていた。

しかしベビザラスにてイチコが真っ先に向かったのはコレである。

ウッディプッディ はじめてのおままごと 特上おすしセット

木製のお寿司セット。予想の斜め上で固まる私と旦那。え…本当にそれがいいの?と聞くとイイノ!!と力強いお言葉だったので仕方なく購入することとしたが、買ってみるとなかなか良くできてて、イチコも楽しんで遊んでいるし買って良かった。

加えて予言通りのこちらも。

ディズニーキャラクター ハグっとフレンズ ラプンツェル ぬいぐるみ 高さ約36cm

これじゃないかもだけどこういうやつ。購入後ずっと愛でてる。

 

あと誕生日プレゼントではないがキラキラしたヘアゴムとかジグソーパズルとか、イチコが欲しがったものを買った。まあ誕生日だしね。

このジグソーパズルがクセモノだった。なんか「クルマのパズルがいいー!!」という突然の主張によりカーズ3の80ピースものパズルを買うハメに。アンパンマンプリキュアディズニープリンセスもあったのになぜカーズ3。カーズの仲間たちがバラバラに描かれている絵なのでピースの場所が予想しづらく、80ピースって結構多いので大変。ここ数日イチコの風邪で引きこもっているので暇つぶしにやらせているのだがイチコ一人で完成させるのはまだ無理なので押し付けられて難儀しておる。完成させては「もう一回〜」なんつって崩されるというとんだ賽の河原状態。ずっとカーズと向き合ってる。しかも最後の方のパーツはイチコがハメたがるため完成の達成感もあんまり得られない。病み〜

 

まあそんなことで誕生日プレゼントを買って料亭に行き、美味すぎる食事を堪能。お食い初めの儀式も一応済ませる。イチコに本当に石を食わせられそうになったニコであった。不憫。

 

そして夜、別で頼んでおいたイチコの誕生日ケーキで改めてお祝い。

f:id:takki_bear:20210720021318j:image

アリエルとラプンツェル〜。かわゆ。

気に入ったのか独占しようとするイチコ先生。

f:id:takki_bear:20210720205211j:image

でも容赦なく顔から行くイチコ先生。

f:id:takki_bear:20210720021410j:image

思わず声出た。

旦那がついでに私の誕生日ケーキも買ってきてくれた。
f:id:takki_bear:20210720021313j:image

このオマケ感がいいね。

 

そしてイチコのたっての希望により花火。
f:id:takki_bear:20210720021321j:image

なんかイチコ急に花火を怖がり始めて「イチコちゃんてんこー(線香)花火だけ(=しか)しないの〜」とおっしゃって線香花火を独占していた。最近自我が芽生えてなにかというと独占しがち。

 

なんて楽しい日を過ごしたものの、翌日からイチコは高熱が出て保育園お休み。ぐったりしている時もあって心配。だいたいは元気だったけど。上記のカーズ3のパズルを8回くらいやらされてる。賽の河原。

ニコに風邪がうつらないか心配や。

資本論の話

NHKアーカイブで「100分de名著 資本論」の回を見てみた。

というのも先日買ったブルータスの大人の勉強特集で、「100分de名著」のプロデューサーのインタビューが載っていて、元々哲学を学んでいた人らしいのだがいろいろ考えた結果「100分de名著」の形に落とし込んだみたいな話があって興味をそそられたのであった。

新・映像の世紀を観た時、社会主義共産主義の違いもよくわかっとらんな自分…と思ったこともあり、アーカイブの中から資本論の回を選んでみたというしだい。

 

番組はとても面白くて、資本論って社会主義の本だと思ってたのだが短絡的にそういうわけでもなく、資本主義の弊害をちゃんと自覚して持続可能な社会を作るための本という感じだった。SDGsを150年前から予言していたとは知らんかった。解決策についても「国有か私有かの二者択一ではなく一人一人がもっと考えて関わること」みたいな方向だったので良かった。

ブルシットジョブ(クソどうでもいい仕事)の話とかはうちの会社でも有るなぁ、と思うなどした。ブルシットジョブの本読みたいなと思ってAmazonで見てみたら4000円以上してビビった。高騰しとるのかと思ったら定価が4,000円で2度ビビった。

 

資本論周囲の本とかもう少し読んでみたいと思った。

夏の1ページの話

ものすごく久しぶりに風邪をひいたイチコ。

 

昨日保育園から帰ってきたら「おてき〜」と言い何か訴えてくるので何かと思ったら「お咳」が出るということらしい。と言いつつも特に元気がないわけでもなかったので普通に夜のルーティーンを済ませて寝かしつけた。

で朝起きたらイチコがホカホカしており熱を計ってみたら38度あったのだった。

朝イチで小児科には連れてって薬が出て、とりあえず今日は家族で家に引きこもることに決定。外はめちゃくちゃいい天気だけど仕方ない。

 

で、せっかく引きこもっておるので、先日Eじがくれたかき氷機を開梱。やってみた。

f:id:takki_bear:20210717171104j:imagef:id:takki_bear:20210717171124j:image

これが激ウマ!!氷がフワッフワにできるのですごい美味しい。

苺のシロップも美味かったけど、パンに塗るためのコメダ珈琲のあんこと練乳がめちゃうまだった!

Eじにお礼のLINEをしたら、カルピスの原液もウマイよと教えてくれたので次はそれをやりたい。

 

早くも夏の思い出がひとつできました。

飲まない話

ニコ、生まれてこのかたよく眠るしよく笑うし髪も生えとるしウンチもまあするし、なかなか手のかからない赤ん坊ではあるのだが、ここんとこ哺乳瓶を拒否するようになり我々父母を困らせているのであった。

ミルクを替えてみてもダメだし、なんなら哺乳瓶に母乳を入れてもダメだし、乳首のメーカーを替えてみてもダメ。イチコの時に定番だった「母乳をやっている最中に目隠しをして哺乳瓶にすり替える」も即バレる。

イチコはちょいちょいミルクを飲みたがらない日はあったものの、全体としてはミルクも母乳も哺乳瓶の種類もなんでもOKだったし、ぬるくても冷たくても関係なくOKだったので、ニコのこの意外なガンコさに閉口なう。

幸いイチコの時より母乳がよく出てるっぽいし体重も増えてるみたいだからまあいいんだけど、今のうちに慣らしておかないと8月には私も美容院くらい行きたいし、9月にはレミゼラブルを観に行く予定だし、10月には結婚式もある。ていうかそういうイベントがなくてもちょっとくらいは赤子から離れたいわ〜。

母乳外来の助産師さんが優しいので相談してみてるけど、なかなかうまくいきまへんな。助産師さんのすすめで、シリコン以外の乳首を買って今日届いたので試してみたけど、なんか少しだけ拒否感が薄い気もするけど結局飲まず。母親以外の人がミルクをあげると良いとかも聞くから旦那が帰ってきたら試してみようかね。シリコン以外の哺乳瓶、めっちゃ入手困難で大変だった。ピジョンとかも廃盤にしてるみたいだし。出してくれやー。

 

ニコ、ミルクを拒否する時は鬼の表情だけど、それ以外はおおかたニコニコしたりボーッとしていてイチコよりも穏やかというかのんびり屋な気がする。イチコはミルクは飲んだけどわりと常に訝しげな顔はしてたね。いまもわりとそうだけど。

イチコは基本的にニコを可愛がってるけど風呂上がりとかはイチコ優先になり、ニコ泣いてても構ってやれなくて「ちょっと待ってて〜」とか言ってたら気づいたら勝手に寝てたりして不憫。そのまま朝まで寝たりとかして衝撃。こちらとしてはラクで良いのだが。

あとはミルクを飲んでくれたら言うこと無しなんだがなー。旦那が面倒見る時だけじゃなく、おっぱい出しづらいシーンでも授乳できるしな。母乳ミルク混合でいきたいもんだ。

 

なんて話を食卓でしていたらイチコが訳知り顔で「イチコちゃんも赤ちゃんときにミルク飲んでたね〜」とか言うので、八ヶ岳に旅行に行った時に一切ミルクも母乳も飲まなくなって心配した話を聞かせたところ、なんか謎に照れていた。いやほめてはおらん。あの時は帰りのパーキングエリアで急に思い出したように飲み出したんよなー。旅行という異空間がよくないのかなって思ってたけど、パーキングエリアも異空間だしな。赤子って謎。

りるえの話

イチコの中でここ1ヶ月くらいの激アツコンテンツがこちら。

f:id:takki_bear:20210716131951j:image

ディズニープリンセスのぬり絵。これをイチコは「アリエルのりるえ」と呼んでたいそう愛でている。

そのりるえの愛で方がなんかすごいので記録しておく。

・どこに行くにも(公園とか屋外でも)りるえを小脇に挟んで持ち歩く

・初対面の人には口をきく前にまずりるえを示して、「…かわいいねぇ」と言われると心を開く

・添い寝して、りるえに布団をかけて寝かしつける

・私の古いスカーフにりるえを包んで腕にかける

・私の古いスカーフにりるえを包んでおんぶする

・りるえのページの間に大切なもの(キレイな箸置きとかカードとか)を挟んで保管する

・保育園に迎えに行く際にりるえをもっていかないと腹を立てたり悲しんだりする

・夜の寝かしつけの際、絵本の代わりにりるえを読んでほしがる

・りるえは「アリエルの家でもらった」と言い張る(本当はブックオフで購入)

とこんな様子で常軌を逸している。

 

なんか子供って、子供が産まれる前に想像していた子供の遊び方の斜め上を常にいってて面白い。

 

しかしディズニープリンセスたちって、なんか見てるうちにキャバクラの看板みたいに見えてきて複雑な気持ち。