カーテンを買う話

キッチンのカーテンが破れており、且つリビングのカーテンの色がぼやけており、且つリビングのレースカーテンに洗っても取れないカビが生えたのでカーテンを探している。

これまでに、ニトリ・村内家具・無印良品を見て回り、ひとつもピンと来ない状態であった。浅草橋に輸入生地の専門問屋さんがあり、そこで布買って縫うか…という話になっていたのだが、キッチンはそれでいいのだがリビングはそこで寝る日とかもあるので、光に弱いタイプの旦那が遮光1級じゃないとヤダと言うので、どーしようかと思っていた。

で今日、育児仲間のHとりさんに聞いた地元のカーテン専門店と、ネットで見つけたカーテン専門店の2軒をハシゴしてみた。

1軒めのHとりさんに教えてもらった方は、確かに種類が豊富で安いし、遮光ついてない品目にも裏地を縫い付けてくれるとのことで、国内メーカーのカーテンなら大概対応できますとのことでなかなか心強い。リビングのカーテンはこっちでもええかな。でもキッチンに掛けたいカワイイカーテンは見つけられなかった。

2軒めはこじんまりとした店なのだが、これがも〜〜我が家的に大ヒットとなった。いろんなのがあったけど、特にツボったのは北欧系のパキッとした大柄のカーテン。



こんなんとか。最後のやつはイチゴ泥棒という名前の柄で、図柄同じでいろんな色のバージョンがあり、紺地に刺繍のやつとかあってめちゃカワだったけど値段がヤバくて手が出せず。ひとつの窓で10万越えみたいな感じだった。クゥー。

なんかもー柄がかわいすぎてめちゃカワイイ!めちゃカワイイ!ってずっと言ってたら興奮しすぎて頭痛がするほどかわいかった。キッチンは2軒めの北欧系に決まりやわ。
2軒めの店は椅子の張り替えや電気シェードの張り替えもやってるらしく、倉敷の雑貨屋で買った電気スタンドの傘がちょと破れてて破れてるところを壁に向けて使ってるから、値段によっては張り替えたいなー!

なんかあまりにかわいすぎて今も胸の中にかわいい旋風が巻き起こっていてやばい。早く買ってキッチンに掛けたい。キッチンに掛けたい。