吉祥寺に行った話

妊娠8ヶ月に入り、連休明けに一週間会社行ったら産休に入るということで、そろそろそういうモードに入らないといかんなと思いました。
で今日はゴールデンウィーク中なのだが、普通に平日だが弊社はメーデーでお休みで、明日は有休を取ったので9連休。
今日明日は自分は休みだが世間は動いている、ということで擬似産休体験ということで自分の中で位置付けた。

とにかくヒマそうという印象の産休だが、でも有意義に使うべきとも思い、漫然と過ごさぬようにできるだけ毎日ブログを書こうかなと思い立ったので今日からそうします。


早速だが昨日は、男ひとりではチョット買いづらいものを買いたいというHさやさんに付き合って吉祥寺にショッピングへ。
そろそろ妊娠後期でチャリンコを乗り回すのを断念したため歩いて駅へ向かうのだが、掛かる時間の目安がつかめず早く着いてしまい、チョッパヤで吉祥寺に着いたので吉祥寺のユザワヤで買い物。

 

産休中は裁縫をしようと思っているのだが、以前子供を産んだ友が知り合いに手作りしてもらったという、中に鈴が入っているフワフワしたボールを手作りしたくカンタンなレシピを入手したので、中に入れる鈴とワタを買いに行った。布は家じゅうから集めたハギレでやるつもり。

 

f:id:takki_bear:20180501102053j:image
鈴はこんなんなのだ

鳴鈴といって、ワタのなかに詰め込まれてもある程度は鳴るように、鈴の周りをカプセルで覆っているのである。
これを買い、あとは水洗いOKのワタを買った頃にHさやさんが来たので買い物へ。
Hさやさんの買い物もすぐ済んだので、せっかく吉祥寺に来たのでHさやさんがむかし行きつけだった古着屋巡りをすることに。


私もむかし高円寺に住んでいた若き日にはヒマさえあれば古着屋を覗いていたものだが、結婚絡みで郊外に引っ越してからはほとんど縁遠くなっていた。
買い物といえばユニクロかGUか無印かGAPか みたいなファストファッションの申し子と化している。でもこれは別に安いからとかめんどいからとかいうよりも、ルミネとかパルコとかのお店で買い物してると「鏡ございますので合わせてみてくださいねぇ〜」とか「これカワイイですよねぇ〜私もいま色違い着てるんです〜〜」とか話しかけられるのがイヤというのがでかい。
という話をHさやさんにしていたら、「店の入口に赤札青札を置いておいて、青札を取った人にはどんどん話しかけてもらって、赤札を取った人には呼ぶまで話しかけなくてよいというルールにしてほしいねぇ」という、社会不適合者っぽい結論に至る。でもそれを望む。

 

で久しぶりに古着屋を巡ったらなんだかすごく楽しかった。買いはしないのだが見てるだけで楽しいしワクワクするのう。

子ども服も可愛くて安いのがたくさんあり、育児に余裕が出てきたらこういうとこのを買いに来たいのう〜と思った。

とかしてるうちに夕方になり、カフェなど行って家路についた。

 

一つ言いたいのは鳴鈴を1日の行程の最初に買ったのは大失敗で、一日中ユザワヤのショッパーの中からリンリンリンリン鳴っていたのだった。

 

鳴り物は難しいですね。