準備をする話

今日から妊娠10ヶ月に入り、臨月とゆーことになりました。

先週は咳でなんにもできなかったので、今日はちょっと働こうかと思い、産婦人科への入院準備品の準備や、赤子が産まれた後にすぐ使う赤子用品の整理などをした。

 

赤子用品についてはちょっと前に怪力おばさん(オカン)が上京して一緒に買出しに行ってもらったのでだいたいそろってはいるはずなのだが、肌着類は一度水通ししておいた方が良いと言われていたのだがめんどいのと咳がひどいので後回しにしていたのだがやっとできた。

f:id:takki_bear:20180625165213j:imagef:id:takki_bear:20180625165222j:image

新品のものや、先輩や友人にもらったものたちのうち、ちっこいうちに使うものを選別して洗濯機で回した。

なぜか旦那の靴下がひとつ紛れ込んで異彩を放つ結果となったが仕方ない。

ちっこいものたちをひとつずつ干していると、とにかくひとつずつが冗談みたいに小さくまとまっているので笑えた。

ほんとにこのサイズでいいんですか?間違ってない?みたいな。

約1ヶ月後にはこの冗談みたいな品をジャストサイズで着る人がこの家におるんかなーと思うと面白いなぁ。

 

赤子用品といえば、怪力おばさんが赤子のものを買いたいと言うので、ありがたいとは思いつつ、女の子だからってあんまりプリティなのは着せたくないので、「あんまりピンクのものとかはあかんで!ハートとかがプリプリしてるのもな」と釘を刺しておいたところ、「分かってるわよぉーー!シンプルなやつね!」つってて、買ってきたロンパースの柄がこれである。

f:id:takki_bear:20180625165952j:image

WHY JAPANESE PEOPLE!

 

おいおいBBAという顔で見ていると、さすがに怪力おばさんも気まずかったのか、「そんなにピンクじゃない」「そんなにハートじゃない」みたいなことを言っていたがピンクやしハートやんけーー

なんか同じやつの青い星柄を甥っ子に買ったので、どうしてもお揃いで買いたかったらしい。

 

最終的に、今後赤子のものを買う際は基本的にプチバトー(なんかシンプルでこじゃれたフランスの赤子服ブランド)で買う旨の条約を締結した。

 

プチバトーこんな感じ

f:id:takki_bear:20180625170857p:image

たけーけどかわいい。

 

 

あとは入院準備品、なんか産褥ショーツだの産褥ブラだのよくわかんないものを準備せんといかん。

明日買出しに行くかなと。