陣痛来とる話

昨日の夜、8時半頃からなんかちょこっとおなか痛い?という感じになってきて、なんつーか生理痛の痛みを急にキュッと与えられたという感じの痛みで、「うーんこれが陣痛なら人生楽勝やな」と思いつつ一応記録を取り始めた。

 

12時頃、この痛みが陣痛であれば10分間隔になったので掛かりつけの産婦人科に電話して来院。間隔が7分になったり13分になったりで、前駆陣痛であろうということになり入院してもええけど家近いし帰った方がええんちゃう?みたいな感じになり、痛みがいまの2倍くらいになって5分間隔になったらおいで〜と言われて一度帰宅。

この時に、無痛分娩でも陣痛が5分〜3分間隔くらいにならないと麻酔を入れないということを知る。

 

帰宅したくらいから急激に腹痛が激しくなる。あ!コレだった!陣痛!となる。

明らかにさっきまでの痛みとは全然ちがくて、おまたがもげちゃうような痛みが波状攻撃でやってきた。やっぱ人生楽勝じゃあなかった。

 

ここから陣痛は8分間隔くらいで足踏みしていて、何回来るねんキミ!しつこいねん!て感じでただ痛みに耐える。旦那はもう準備万端という感じで、なぜか綿シャツに短パン(あとビーサン)という浮かれたいでたちで入院グッズを持ってスタンバイ。

 

1時過ぎ頃、5分にはまだ及ばないが6分間隔になってきたので、もうそれ誤差でしょ!と思い病院に電話。私の痛がり癖を把握している病院から、「じゃあ2時頃おいでなさい」と言われる。この40分くらいが永遠に感ぜられる。

 

めでたく2時になって、この頃には実際5分間隔になって、家出る寸前にトイレいったらオシルシゆーやつも出たので勇んで病院へ。

今度はもう麻酔の準備をしていてくれていて、なんか変な柄の変なパジャマに着替えた後は即麻酔を打たれる。

と同時に少しずつ痛みが薄れるのを感ずる。陣痛3回分くらいで、もう陣痛中も助産師さんや旦那と喋れるくらいになっていた。

神!!!!

 

痛がりの私にとっては無痛分娩という選択は良かったらしい。

というのも、痛がりすぎて血圧が170くらいまで上がって、助産師さんが慌てて「このままいくと帝王切開になるかも」と言ったのだが、麻酔が効いて落ち着いて来ると普段の100くらいまで落ち着いてきて、「え!さっきの何だったの?!良かったけど!無痛分娩で良かったね!!!」と言われる。無痛分娩で良かったらしい。

 

ていうかあの陣痛を24時間とか30時間とかってよく聞くけど絶対に無理だった。痛がりだから。地獄の痛さ。

まだいきまないで!と言われてもいきむ自信ある。根性なしと言われてもいいから安心して安全に産みたいと、いまの時点でまだ産まれてないけど思う。

安全性だけちょっと不安があったけど、今んとこ大丈夫。とにかく痛みが薄らぐ時に、心の底から無痛分娩にして良かったぁーーーと思った。

 

子宮口は昼に検診に来た時は4センチで、今は7センチほどだそーです。

痛くなきゃ私だってこうやって落ち着いて分娩について考えられますよ。痛くなきゃ。

本気の陣痛が来た時、今さら「陣痛 逃がし方」とかでググってる場合じゃなかった。無痛分娩って本当に無痛なのかとおもてたけど考えたら陣痛が10分間隔になったら来てって言われてたんだから陣痛の痛みは経験するに決まってるやんけ。アホか。ちょっとなめてた。陣痛なめてた。

自然分娩だとあのあともっと痛くなるんでしょ。。もう絶対耐えられん。

 

というわけで絶賛陣痛なうだけどブログ更新してみた。無事に今日生まれれば腹の子の誕生日は7月20日になります。

旦那が会社を休んでくれたので感謝。仕事優先でと言ったが、今週はいつ産まれてもいいように、1日ごとにある程度片して帰ってきてくれていたらしい。感謝やでーー。いるといないとじゃ大違い。

 

さてもうひと眠りします。